@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鸚鵡病【オウムビョウ】

デジタル大辞泉

おうむ‐びょう〔アウムビヤウ〕【××鵡病】
オウム・ハトなど鳥類伝染病病原体オウムクラミジアで、人間にも感染し、発熱頭痛・せき・血痰(けったん)などの症状を呈する。感染症予防法の4類感染症の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうむびょう【鸚鵡病 psittacosis】
鳥類が媒介する呼吸器感染症一種。1879年,スイスの医師リッターD.Ritterが熱帯産のに接触した人に起こった肺炎について記載したのが最初で,その後,95年にフランスのモランジュA.Morangeによってオウムがこの病気を媒介することが確認され,ギリシア語のpsittakos(オウム)からpsittacosisと命名された。病原菌は従来ウイルスとされていたが,大きさ250~400mμと大型で細胞壁があり,二分裂法により増殖し,細菌の酵素系に作用する抗生物質に感受性があるなどの特徴から,最近になって細菌として再分類され,現在はクラミディアChlamydia psittaciと呼ばれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうむびょう【鸚鵡病】
鸚鵡病クラミジアを病原体とする呼吸器感染症。本来は、オウム・カナリア・ハトなど鳥類の感染症。鳥の排泄物から人間に感染する。また、患者の喀痰かくたんからも感染する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうむ‐びょう アウムビャウ【鸚鵡病】
〘名〙 オウム、カナリヤ、ハトなど、鳥類のウイルスが人間にも感染して肺炎、腸チフスに似た症状を示す病気。鸚鵡熱。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鸚鵡病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鸚鵡病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation