@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿ケ谷【ししがたに】

精選版 日本国語大辞典

ししがたに【鹿ケ谷】
(「ししのたに」とも) 京都市左京区南部の地名。東山三十六峰の一つの大文字山西麓にある。僧俊寛らが平家追討を密議した山荘があった。その跡を談合谷と呼ぶ。
※平家(13C前)一「東山のふもと鹿の谷と云ふ所は、うしろは三井寺につづいてゆゆしき城にてぞありける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿ケ谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿ケ谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation