@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿児島湾【かごしまわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿児島湾
かごしまわん
鹿児島県南部,薩摩半島大隅半島に囲まれた。別称錦江湾(きんこうわん)。東西約 10~20km,南北 70~80kmで南に開く。湾奥近くの桜島は 1914年の噴火以後大隅半島と陸続きとなった。湾の北部は姶良カルデラ,南部は指宿カルデラによって形成された陥没湾。沿岸は急崖で,砂浜や平野は少ない。水深は約 200m。西岸鹿児島市指宿市,東岸に霧島市垂水市鹿屋市の各市がある。鹿児島市の南部には湾の一部を埋め立ててつくった日本最大の原油備蓄基地がある。湾内では沿岸漁業が発達し,イワシ,タイ,ボラ,アジなどがとれる。鹿児島市の鴨池港-垂水港間(垂水フェリー),鹿児島港-桜島港間(桜島フェリー)など,湾内交通が盛ん。桜島,指宿,佐多地区は霧島錦江湾国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かごしま‐わん【鹿児島湾】
鹿児島県南部、大隅(おおすみ)薩摩(さつま)両半島に囲まれる湾。更新世末期に生じた姶良(あいら)・指宿(いぶすき)両カルデラに起因するというがある。湾奥に桜島がある。錦江(きんこう)湾。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かごしまわん【鹿児島湾】
鹿児島県の中央部を占める湾。錦江湾とも呼ばれる。東は大隅半島,西は薩摩半島に囲まれ,南は太平洋に開口する。東西幅10~20km,南北約70kmで,くの字形をしている。湾は湾奥の姶良(あいら)カルデラ,湾口の阿多(揖宿(いぶすき))カルデラとこれを連ねる南北断層によって生じたとされ,沿岸には急崖の連続する部分が長い。また湾底も深く,湾口では100m前後に過ぎないが,中央の最深部では237mに達する。湾の中央よりやや北寄りに桜島があり,以前は島であったが1914年の大噴火の時,溶岩によって大隅半島と地続きになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かごしまわん【鹿児島湾】
九州南部、薩摩・大隅両半島に抱かれる湾。湾内に桜島がある。錦江きんこう湾。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鹿児島湾
かごしまわん
鹿児島県大隅(おおすみ)、薩摩(さつま)両半島に抱かれた南北約80キロメートル、東西約20キロメートルの湾。錦江湾(きんこうわん)ともよばれる。湾奥近くに桜島がある。湾口部の水深は約100メートルであるが、湾央へ入ると200メートル以上の部分が広がり、桜島と鹿児島市を結ぶあたりでは約40メートル、さらに湾奥へ進むと約200メートルの水深をもつ部分もある。湾央部を南海盆、湾奥部を北海盆、浅い部分を西桜島水道とよぶこともある。湾の形成は指宿(いぶすき)(阿多(あた))、姶良(あいら)両カルデラに起因するといわれる。1914年(大正3)桜島の大噴火は多量の溶岩を噴出し、大隅半島との幅400メートル、深さ70メートルの東桜島水道を埋め尽くし、桜島は陸続きとなった。湾岸に鹿児島、桜島、垂水(たるみず)、根占(ねじめ)、山川などの港があり、フェリーボートで結ばれるほか、鹿児島港から奄美(あまみ)、沖縄方面への航路にもあたっている。[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

鹿児島湾
(鹿児島県鹿児島市・霧島市・姶良郡姶良町)
日本の重要湿地500指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かごしま‐わん【鹿児島湾】
鹿児島県の薩摩・大隅両半島に囲まれた湾。イワシ漁業が主。霧島屋久国立公園の一部。錦江湾。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿児島湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation