@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿児島県【かごしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿児島〔県〕
かごしま
面積 9186.94km2(境界未定)。
人口 164万8177(2015)。
年降水量 2265.7mm(鹿児島市)。
年平均気温 18.6℃(鹿児島市)。
県庁所在地 鹿児島市
県木 カイコウズ,クスノキ
県花 ミヤマキリシマ
県鳥 ルリカケス

九州南部の県。明治4 (1871) 年廃藩置県により旧薩摩藩の領域を継承して鹿児島県が成立。その後,宮崎県などとの間に所属の離合があって,1896年現区域としての鹿児島県となった。県中部を南北に霧島火山帯が走り,霧島,桜島,開聞岳などの火山地域を形成。鹿児島湾の東西に大隅薩摩の両半島が突出し,シラス台地が広い。河川は川内川肝属川など中小河川のみ。火山性湖沼として池田湖鰻池藺牟田池大浪池などがある。気候は温暖で降水量も多く,台風の襲来が多い。薩南諸島は亜熱帯気候。上古には熊襲の国といわれ,現在の宮崎県域と合わせて日向と称した (古日向) 。大化改新後,8世紀初頭に薩摩,大隅,日向の3国となる。文治2 (1186) 年,関東御家人の惟宗忠久 (島津氏の祖) が島津荘の地頭職に任じられて以来,次第に島津氏の勢力が伸長し,戦国時代の末には薩摩,大隅,日向は完全にその支配下に入った。そののち,豊臣秀吉の島津征伐,関ヶ原の戦い (西軍側につき敗戦) などにより勢力圏はいくぶん狭くなったが,島津氏は薩摩,大隅,および日向の一部と奄美群島などを支配して明治にいたった。農業県で,おもな農産物は米,小麦,サツマイモ,葉タバコ,茶,菜種,サトウキビ,柑橘類など。畜産では肉牛の飼育数は全国一で,養豚,養鶏も盛ん。水産業ではアジ,カツオの漁獲が多く,ノリの養殖も盛ん。特産品は薩摩焼,焼酎,大島紬など。霧島,桜島,指宿,日南海岸,薩南諸島など観光地が多い。 JR鹿児島本線と日豊本線の起終点,指宿枕崎線の起点。 2004年には九州新幹線が一部開業し,鹿児島本線の八代 (熊本) -川内間については熊本県や沿線自治体とともに第三セクターの肥薩おれんじ鉄道を設立し,運営を引き継いだ。道路では国道3号線と 10号線などが通る。九州縦貫自動車道 (全長 428km) が鹿児島-北九州市 (門司) 間を結び,高速バスも走る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

鹿児島県
九州地方南部に位置する県。薩摩半島・大隅半島のふたつの半島と多くの離島を有する。県全土が火山灰堆積物に覆われ、およそ半分は火山灰のシラス台地。屋久島や桜島のほか温泉など観光資源に恵まれ、農業とともに観光業が盛ん。一方、県央地域では電子関連産業が集積されている。県花は、ミヤマキリシマ。県木は、カイコウズ・クス。県鳥は、ルリカケス。

[鹿児島県のブランド・名産品]
奄美の黒糖焼酎 | 奄美の芭蕉布 | 伊集院の太鼓 | 伊集院まんじゅう | 出水のそらまめ | 出水の紅甘夏 | 出水の実えんどう | 頴娃のさつまいも | 大隅の鰻 | 開聞岳大根 | かけろまきび酢 | 鹿児島黒牛 | かごしま黒豚 | 鹿児島県産養殖カンパチ | 鹿児島県産養殖ブリ | かごしま知覧茶,知覧茶 | 鹿児島の鰹節 | 加治木まんじゅう | 加世田鎌・加世田包丁 | 加世田のかぼちゃ | 甲冑 | 蒲生和紙 | かるかん | 川辺仏壇 | 花良治みかん | 国分大根 | 甑島芙蓉布 | 桜島大根 | 桜島の小みかん | さつま揚げ | 薩摩糸びな | 薩摩切子 | 薩摩焼酎 | 薩摩錫器 | 薩摩つげ櫛 | 薩摩琵琶 | 薩摩深水刃物 | 薩摩焼 | 薩摩弓 | 蛇皮線(サンシン) | 城内大根 | 鯛車・香箱・初鼓 | 大漁旗・五月幟 | 竹製垣根・御座敷すだれ | 竹製品(編組物) | 種子島のレザーリーフファン | 種子はさみ | 種子包丁 | 垂水人形 | 太鼓(チヂン) | 帖佐人形 | 知覧傘提灯 | 知覧紅 | つづら工芸 | 鶴田和紙 | 刀剣 | ねじめ黄金かんぱち | 隼人うり | 東串良のきゅうり | 東串良のピーマン | 福山黒酢 | 辺塚ダイダイ | 甫立メロン | 本場奄美大島紬 | 本場大島紬 | 枕崎のカツオ | 宮之城花器 | 屋久島のたんかん | 屋久杉製品 | 山川漬 | 横川大根 | 与論かぼちゃ

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かごしま‐けん【鹿児島県】
九州地方南部の県。かつての薩摩・大隅の二国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により、薩摩、大隅、琉球および日向の一部をあわせて成立したが、その後琉球の分離や、宮崎県との合併・再分離などを経て、同二九年現在の県域となった。県庁所在地は鹿児島市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かごしま‐けん【鹿児島県】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿児島県の関連情報

関連キーワード

鹿児島[県]琴平町ナンチョン(南充)市鹿児島(県)琴平(町)出版取次業鹿児島県の要覧琴平町の要覧飯高[町]愛知川[町]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation