@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿児島【カゴシマ】

デジタル大辞泉

かごしま【鹿児島】
九州地方南部の。もとの薩摩(さつま)大隅(おおすみ)にあたる。人口170.6万(2010)。
鹿児島県、鹿児島湾に面する市。県庁所在地薩摩半島東岸および桜島からなる。南西諸島への航路起点大島紬薩摩焼焼酎かるかん桜島大根などを特産。もと島津氏城下町西南戦争の古戦場城山がある。人口60.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かごしま【鹿児島】
九州地方南部の県。かつての薩摩・大隅の二国を占める。鹿児島湾の東側は大隅半島、西側は薩摩半島となり、北部にはシラス台地が広がる。南へは薩南諸島がのびる。県庁所在地、鹿児島市。
鹿児島県中部、鹿児島湾に臨む市。桜島を含む。県庁所在地。市街北部に城山があり、山麓に島津氏の居城鶴丸城跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かごしま【鹿児島】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鹿児島 (カゴシマ)
植物。バラ科のウメの園芸品種

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かごしま【鹿児島】
[1]
[一] 鹿児島県中南部、鹿児島湾に臨む地名。県庁所在地。江戸時代は島津氏七七万石の城下町として栄えた。特産は大島紬(つむぎ)、薩摩焼、焼酎(しょうちゅう)など。明治二二年(一八八九)市制。
※日本図纂(1561)「康国什麽 カゴシマ 鹿児島」
[三] 鹿児島県、薩摩半島の北東部の郡。現在の鹿児島市域もかつては含まれていた。
※二十巻本和名抄(934頃)五「薩摩国 〈略〉鹿児島〈加古志万〉」
[2] 〘名〙
① 薩摩国(鹿児島県)で産出される紬(つむぎ)
※雑俳・あふむ石(1839)「さやうかえ・かご島隅へちょっと脱」
※洒落本・窃潜妻(1807)下「かごしまの音からからと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鹿児島
かごしま
鹿児島県薩摩半島東部にある県庁所在地で,近世薩摩藩の城下町として発展
中世を通じて島津庄の地頭,薩摩守護であった島津氏が,1343年以降根拠地とした。戦国時代に島津氏が薩摩・大隅 (おおすみ) を統一し,1602年鶴丸城を居城とした。近世城下町としては,島津氏の外城政策のため77万石の大藩があったわりには小規模であった。1863年薩英戦争で戦火をうけた。'89年市制施行。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿児島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation