@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿威【シシオドシ】

とっさの日本語便利帳

鹿威
田畑を荒らすを追い払う仕掛けの総称であったが、現在では和風庭園に設(しつら)えられた添水(そうず)が有名。添水とは、節止めに切った竹筒を付け、流水を受けてその重み筒を反転させる仕組み。水を落とし逆反転した竹筒の尻の当たるところに石を配し、コーンという快い音を演出している。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

しか‐おどし【鹿威】
〘名〙
※浮世草子・好色一代男(1682)四「あらけなき男四五人、竹のとがり鑓・鹿(シカ)おどしの弓・山拐(やまおうこ)ふり上て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しし‐おどし【鹿威】
〘名〙
① 田畑を荒らしにくる鳥や獣を追いはらうための装置。かかし、添水(そうず)、鳴子、威し銃などがある。しかおどし。ししかえし。《季・秋》
※俳諧・増山の井(1663)八月「なるこ〈略〉そうづは添水と云。水辺にしかけて、水の力を添て音を出す鹿おどし也」
② 庭園施設の一つ。節止めにした太めの竹筒を中ほどでささえて回転するようにし、水を受ける部分を斜めに切ったもの。水がたまると、重心が前にきて竹筒が傾き、中の水が吐かれて勢いよくもどった時に、竹筒の尻が後ろの石の頭に当たってこころよい音を発する。本来は庭にしのびこむ鹿やいのししを追い出すためのものであったが、現在ではもっぱら風流のためのものとなる。添水(そうず)。しかおどし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿威」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿威の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation