@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿子木【カゴノキ】

動植物名よみかた辞典 普及版

鹿子木 (カゴノキ)
植物。クスノキ科の常緑大高木。コガノキの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿子木 (カゴノキ)
学名:Litsea lancifolia
植物。クスノキ科の常緑高木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かご‐の‐き【鹿子木】
〘名〙 クスノキ科の常緑高木。関東以西の暖地に生え、高さ一五~二〇メートルに達する。葉は革質で、長さ五~一〇センチメートルの先のとがった長楕円形、裏面に灰白色の細毛を密につけ、葉柄をもち互生する。夏、黄色の小花が葉腋(ようえき)に密生する。雌雄異株。果実は直径七~八ミリメートルの小球形で、翌年の夏に紅熟する。淡紫黒色の樹皮がところどころまるくはげ落ち、その跡が淡黄白色のため鹿の子模様となるところからこの名がある。材は淡紅色を帯び、しなやかで強い。建築・器具材、薪炭材などとする。同属にバリバリノキ(アオカゴノキ)があるが、樹皮が平滑で葉は長さ一〇~二五センチメートル、果実は黒熟する。こがのき。かのこが。かごがし。かごこか。こがたぶ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かのこ‐ぎ【鹿子木】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿子木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿子木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation