@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿島信仰【かしましんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿島信仰
かしましんこう
茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮を中心とした信仰。『常陸国風土記』にも香島天 (かしまあめ) の大神 (おおがみ) が天から降りて祀られたと記してある。上代に行われた東北地方への遠征はすべてこの鹿島神威背景に行なったため,武神,軍神として広く崇拝された。一般には安産の神としても知られる。鹿島にゆかりのある民間行事では,夏の鹿島送り,鹿島人形や関東各地に普及している鹿島踊りが著名である。なお,旅の出発を「鹿島立ち」ともいうが,これは奈良時代の防人 (さきもり) が旅の安全を大社に祈ってから出発したことに由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

鹿島信仰
現在の茨城県鹿嶋市がある場所は古代、日本の東端で、海に臨むことから、神聖な地とされた。鹿島神は、を自由自在に操る霊力を持つ航海神で、蝦夷との戦いの際は強さを象徴する軍神としてあがめられた。秋田県や千葉県には「鹿島さま」と呼ばれるわら人形を境界に立てて悪疫退散を願う信仰もある。鹿島神を「流す」行事を、民俗学者・宮田登は「悪神を送り出す代わりに幸運をもたらしてくれるという両義性が特徴」(平凡社大百科事典)と考察した。
(2011-08-12 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

かしましんこう【鹿島信仰】
〈かしま〉という地名は,鹿島,神島と表記され,全国的に分布しているが,共通するのは,海辺に近く,海と陸地との接点あるいは境界領域に位置していることである。陸地のさいはての地域あるいは最先端の場所と意識されている。その中でも茨城県鹿島地方は,古代より,大和朝廷を中心とした畿内の地域からみると,東国(はて)とみなされていた。そうしたイメージを基礎として,鹿島には二つの民俗信仰が形成された。一つは,鹿島の地にさまざまの漂着神がたどりつき霊力を発揮したというものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かしましんこう【鹿島信仰】
鹿島神宮への崇敬およびそこから派生したとされる信仰。武神信仰、障さえの神信仰、疫神信仰、男女の相性を占う常陸帯神事、吉凶を占う鹿島の事触れなど信仰形態は多岐にわたる。また、境内にある要石かなめいし伝説にもとづく地震封じ信仰も有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鹿島信仰
かしましんこう
鹿島大神(おおかみ)および鹿島神社に対しての信仰。常陸(ひたち)(茨城県)の鹿島神宮を中心として、福島県、宮城県の海岸地帯など全国的に広がっている。鹿島大神は元来は航海の守護神であったらしいが、別に武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)といわれ、武事をつかさどる神として朝廷の厚い崇敬を受けた。また、藤原氏が当地へ勢威を伸ばしてくると、その氏神として尊崇された。当地は東国開拓の重要な根拠地にあったので、分祠(ぶんし)である鹿島御児(みこ)神社が海岸沿いに祀(まつ)られ、その分布により大和(やまと)朝廷の北進の跡を知ることができる。後世、鹿島信仰が普及した事由の一つは、これを民間に広めた神人(じにん)集団がいたからである。彼らは、鹿島神宮にいた「物忌(ものいみ)」とよばれる巫女(ふじょ)の託宣を民間に伝えて歩いた。これが「鹿島の事触(ことぶ)れ」の始まりである。事触らは烏帽子(えぼし)に浄衣(じょうえ)を着て幣帛(へいはく)を担ぎ、稲作の豊凶などを告げて民間を巡回したが、のちには悪霊退散の歌舞を行い、鹿島送り、鹿島流し、鹿島人形、鹿島踊などの宗教習俗や神事芸能を流布せしめた。[三橋 健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしま‐しんこう ‥シンカウ【鹿島信仰】
〘名〙 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮に関する信仰。古くから武神、軍神としてあがめられ、上代の東北地方への開発事業や遠征も、鹿島の神威を背景とするものが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島信仰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿島信仰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation