@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿教湯温泉【かけゆおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿教湯温泉
かけゆおんせん
長野県中部にある丸子温泉郷の一つ。上田市に属する。四面を山に囲まれた,千曲川の支流内村川の清流に臨む標高約 800mのところにある。泉質は単純泉。リハビリテーションセンターなどの医療施設があり,年間を通じて湯治客でにぎわう。国民保養温泉地に指定されている。温泉名は対岸にある文殊堂文殊菩薩シカ (鹿) に化身してのあることを教えたという伝説による。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鹿教湯温泉
長野県上田市、千曲川支流の内村川上流にある温泉。“鹿教湯”は「かけゆ」と読む。名称は鹿に化身した文殊菩薩に湯の場所を教えられた、という開湯伝説から。丸子温泉郷に属する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鹿教湯温泉
かけゆおんせん

長野県上田市(うえだし)にある温泉。国民保養温泉地に指定されている。千曲(ちくま)川の支流依田(よだ)川へ流入する内村川の渓谷にあり、内村温泉郷(丸子温泉郷)の一湯で最奥部をなす。泉質は単純温泉。開湯の時代は不明であるが、元禄(げんろく)年間(1688~1704)すでに存在していた。中風、高血圧などに効く名湯として全国に知られ、鹿教湯三才山(みさやま)リハビリテーションセンター鹿教湯病院が設置されている。温泉の対岸にある文殊(もんじゅ)堂の菩薩(ぼさつ)が鹿(しか)に化けて猟師に温泉を教えたことからこの地名が生じたとの伝説がある。上田駅よりバス1時間。松本駅よりバス50分。

[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かけゆ‐おんせん ‥ヲンセン【鹿教湯温泉】
(菩薩が鹿に化身して温泉の場所を教えたという伝説から) 長野県中部、丸子町にある温泉。泉質は単純泉。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿教湯温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿教湯温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation