@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿角【カヅノ】

デジタル大辞泉

かづの【鹿角】
秋田県北東部の市。リンゴ栽培や、酪農などが盛ん。尾去沢(おさりざわ)鉱山があった。八幡平(はちまんたい)十和田湖への観光基地。人口3.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろっ‐かく〔ロク‐〕【鹿角】
鹿(しか)のつの。漢方で強壮薬に用いる。
昔の武具の一。鹿のつのに似た鉄製のくま手。引っかけて物を引き寄せるのに使った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろっかく【鹿角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かづの【鹿角】
[1] 秋田県北東部の地名。大湯川・米代川の流域にあり、北は十和田湖を挟んで青森県に接する。江戸時代、南部氏盛岡藩領として農業・畜産が盛んに行なわれ、特に尾去沢鉱山は藩直営の鉱山として栄えた。昭和四七年(一九七二)市制。
[2] 秋田県の北東端の郡。米代(よねしろ)川の上流域にある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろっ‐かく ロク‥【鹿角】
〘名〙
① 鹿の角。漢方で強壮剤に用いる。〔医語類聚(1872)〕 〔礼記‐月令〕
② 昔、軍陣の具。鹿の角に似た鉄製の熊手で柄があり、物を引っかけて引きよせるのに用いた。
※太閤記(1625)四「敵鹿角を以て、既に塀を引破らんとす」
③ 「ろっかくさい(鹿角砦)」の略。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わさ‐づの【鹿角】
〘名〙 鹿の角を上端につけた杖。念仏僧が持ち歩いた杖。かせづえ。
※梁塵秘抄(1179頃)二「聖の好む物、木の節・わさづの・鹿の皮、蓑笠・錫杖・木欒子」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation