@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿部(町)【しかべ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

鹿部(町)
しかべ
北海道南西部、渡島(おしま)総合振興局管内の町。1983年(昭和58)町制施行。町名はアイヌ語のシケ・ペ(鹿を追う所の意)やシカウンベ(物を負うの意)などの説がある。駒ヶ岳(こまがたけ)東麓(とうろく)にあり、内浦湾(噴火湾)に臨む。JR函館(はこだて)本線(砂原(さわら)回り)、国道278号が通じる。1929年(昭和4)の駒ヶ岳噴火では大被害があった。養豚や肉牛飼育などの農業と、スケトウダラ、ホッケ、コンブ、ホタテガイなどの漁業が盛ん。鹿部温泉があり、駒ヶ岳一帯は大沼国定公園の一部。面積110.64平方キロメートル、人口4226(2015)。[瀬川秀良]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿部(町)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿部(町)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation