@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿野【かの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿野
かの
山口県東部にある地域。旧町名。 1940年町制。 1955年須金村の一部を編入。 2003年徳山市,新南陽市,熊毛町と合併し周南市となった。錦川上流の内陸盆地にあり,冬季積雪が多い。林業のほかワサビ,シイタケなどを産するが,近年はナシ,ブドウなど果樹栽培が行なわれる。北部に登山者の多い莇 (あざみ) ヶ岳,東部の長野山にキャンプ場を備えた緑地公園がある。漢陽寺に江戸時代の用水路潮音洞が残る。中央部で中国縦貫自動車道と国道 315号線が交差する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿野
しかの
鳥取県東部,鳥取市西部の旧町域。河内川上流域にある。 1899年町制。 1955年勝谷村,小鷲河村と合体。 2004年鳥取市に編入。中心集落の鹿野は西方へ通じる鹿野街道に沿い,天正8 (1580) 年から 37年間,亀井氏の城下町として繁栄。現在も城跡や地割に当時の面影を残し,山中幸盛の墓のある幸盛寺や加知弥神社,寺内廃寺跡などがある。米作のほか,花卉,果樹を栽培。特産鹿野笠は有名。国民保養温泉指定の鹿野温泉がある。一部は西因幡県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しかの【鹿野】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しかの【鹿野】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿野の関連情報

関連キーワード

大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation