@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿鳴館【ろくめいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿鳴館
ろくめいかん
1883年外務卿井上馨提唱で,イギリス人建築家コンドルによって,旧薩摩藩上屋敷跡(東京都千代田区内幸町1丁目)に建てられた洋館。名称は詩経小雅に由来する。風俗習慣を欧化することによって,欧米諸国との条約改正を果たそうというのがねらいの一つでもあった。したがって鹿鳴館には首相伊藤博文をはじめ,政府の高官貴紳夫人令嬢を伴って訪れ,外国人を招待し,華やかな宴会舞踏会がしばしば開催された。しかし行き過ぎた欧化でスキャンダルが流されたり,卑屈な対外姿勢は世の指弾を受けることになり,やがて井上辞任(1887)と条約改正案中止とによって,欧化熱もしだいにさめ,1889年華族会館として払い下げられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿鳴館
ろくめいかん
戯曲。4幕。三島由紀夫作。 1956年 11月文学座創立 20周年記念公演として,松浦竹夫演出,杉村春子主演により第一生命ホールで初演。もと新橋の名妓伯爵夫人の朝子が,かつての恋人で自由党領袖の清原と,2人のなかに生れた子久雄の命を救おうとするが,伯爵の策によって久雄は父清原に殺される。明治中期,鹿鳴館の舞踏会を背景に,美しく聡明な朝子を波乱に富んだ筋と修辞豊かなせりふで描出し,公演は大成功した。のち水谷八重子によって新派でも上演されたほか,商業劇場のレパートリーにもなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろくめい‐かん〔‐クワン〕【鹿鳴館】
東京の日比谷にあった明治時代の官設社交場。英国人コンドル設計で明治16年(1883)完成。外務卿井上馨(いのうえかおる)が、条約改正交渉のために企図し、内外上流階級の舞踏会などが開かれて欧化主義象徴となった。のち華族会館などになり、昭和16年(1941)取り壊された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

鹿鳴館
英国人コンドルの設計により、一八八三年、東京・日比谷に落成した、外国貴賓接待と上流階級社交を目的とした西洋館。煉瓦造り、二階建て、建坪約三二〇坪。二階のホールでは、外国使節、政府高官、華族らによる夜会や舞踏会が開催され、鹿鳴館時代とも呼ばれる、外相井上馨の欧化政策の象徴的存在となった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

鹿鳴館
1986年公開の日本映画。監督・脚本市川崑原作:三島由紀夫による同名戯曲、脚本:日高真也。出演:菅原文太浅丘ルリ子石坂浩二、中井貴一、尾美としのり、岸田今日子、沢口靖子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろくめいかん【鹿鳴館】
明治前期に建てられた国際的社交機関の洋風建築物。1881年に着工され,83年7月に落成し,11月28日に盛大な開館式が行われた。イギリスの建築家J.コンドルの設計で,薩摩藩出身の元工部省営繕局勤務の伊集院兼常主宰担当して建築に当たった。館名は,中井弘(号桜州)が《詩経》の鹿鳴詩〈鹿鳴キ,群臣嘉賓燕スルナリ〉にちなんで命名したという。幕末に締結した諸外国との条約が不平等であったため,井上馨は外務卿に就任すると,条約改正の実現には内外人の交誼友好が不可欠であると考え,政府も風俗や習慣をはじめあらゆる方面にわたって欧化の政策を進めていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろくめいかん【鹿鳴館】
東京内幸町に建てられた洋風建築の社交クラブ。イギリス人コンドルの設計で、1883年(明治16)落成。煉瓦れんが造り二階建て。条約改正のため欧化主義がとられ、内外上流人の舞踏会などが催された。のち華族会館となり、1941年(昭和16)に取り壊された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鹿鳴館
ろくめいかん
明治初期の国際的社交場として建てられた洋館。東京府麹町(こうじまち)区内幸(うちさいわい)町山下門の元薩摩(さつま)藩装束(しょうぞく)屋敷跡(千代田区内幸(うちさいわい)町、帝国ホテルの隣地)にあった。1879年(明治12)外務卿(きょう)に就任して条約改正交渉に取り組んだ井上馨(いのうえかおる)は、伊藤博文(いとうひろぶみ)らとともに、制度・文物・習俗を欧風化して欧米諸国に日本の開化を認めさせ、交渉を促進しようとした。鹿鳴館はその一環として、上流社会の社交の欧化を図り、外国貴賓の接待・宿泊施設として建設されたものである。イギリス人コンドルの設計により1881年1月着工、ネオ・バロック様式を基調とした煉瓦(れんが)造り2階建ての本館と付属施設の総建坪1450平方メートル、総工費18万円をかけ、1883年7月竣工(しゅんこう)した。『詩経』の「小雅鹿鳴の詩」、迎賓接待の意から鹿鳴館と命名、11月28日に開館式を行った。華やかな園遊会、舞踏会、仮装会、婦人慈善会(バザー)が頻繁に開かれ、それらは欧化主義の風潮のシンボルとなり、いわゆる鹿鳴館時代を現出した。しかし急速な近代化のゆがみも集約されており、仮装舞踏会に典型的にみられる狂的で皮相な欧化熱は世のひんしゅくを買った。1887年井上が条約改正に失敗するや、欧化政策に対する批判も強くなり、鹿鳴館時代も終わった。建物は1890年華族会館に貸与、1894年に払い下げられ、1898年には名称も華族会館と変わった。さらに1933年(昭和8)以降、日本徴兵保険会社、内国貯金銀行などが使用し、1941年取り壊された。表門も第二次世界大戦中に戦災で焼失した。[和田 守]
『井上馨侯伝記編纂会編『世外井上公伝3』(1934・内外書籍/復刻版・1968・原書房、2013・マツノ書店) ▽霞会館編・刊『華族会館の百年』(1975) ▽村松貞次郎著『日本近代建築の歴史』(1977・NHKブックス/岩波現代文庫) ▽磯田光一著『鹿鳴館の系譜』(1983・文芸春秋/講談社文芸文庫) ▽富田仁著『鹿鳴館』(1984・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろくめい‐かん ‥クヮン【鹿鳴館】
(「詩経」の「小雅・鹿鳴」に基づき中井弘(桜洲)が命名) 明治初期の官設社交場。明治一六年(一八八三)東京市麹町区内山下町(東京都千代田区内幸町一丁目)にイギリス人コンドルの設計で完成。井上馨が外務卿となり、不平等条約の改正を図った欧化政策の一環で、外国貴賓の接待と上流社会の社交を目的とした園遊会・舞踏会を開催。のち華族会館となる。昭和二〇年(一九四五)戦災で焼失。
※東京日日新聞‐明治一六年(1883)一一月二八日「山下町の鹿鳴館は予て記せし如く愈々今廿八日に開館式を行はれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鹿鳴館
ろくめいかん
明治前期,国際的社交機関として東京日比谷につくられた洋風建物
外務卿井上馨が条約改正促進のため風俗・習慣の欧化をはかり,イギリス人コンドルの設計で,1883年完成。レンガ造り2階建。内外の上流社会人による舞踏会・音楽会が開催され,欧化政策の先端をきったので,この時代を鹿鳴館時代と呼ぶ。のち華族会館となり,1940年取りこわされ,一部移設されていた表門も'45年の空襲で焼失した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿鳴館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿鳴館の関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)ポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation