@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿鳴【ロクメイ】

デジタル大辞泉

ろく‐めい【鹿鳴】
《「詩経小雅の「鹿鳴」は、群臣賓客をもてなす宴会で詠じる歌であるところから》宴会で客をもてなす音楽。また、宴会のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろく‐めい【鹿鳴】
〘名〙
① 鹿の鳴くこと。また、その声。
※詩文の粉飾(1889)〈内田魯庵〉「鹿鳴(ロクメイ)の呦々(ゆうゆう)たる」 〔詩経‐小雅・鹿鳴〕
② (「詩経」の「小雅・鹿鳴」の詩が群臣や賓客をもてなす宴会のときに詠ずる歌と解されているところから) 宴会のときに奏する音楽。また、宴会。
※本朝文粋(1060頃)二・停九日宴十月行詔〈大江朝綱〉「爰洛水春遊、昔日閣筆、商飇秋宴、今時巻筵、鹿鳴再停、人心不楽」 〔曹植‐求通親親表〕
③ 「ろくめい(鹿鳴)の宴①」の略。また、その宴で歌う歌。〔韓愈‐送楊少尹序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

鹿鳴
賓客をもてなす宴会をいうことば。

[由来] 「詩経―小雅・鹿鳴」の詩の一節から。「呦呦ゆうゆうたる鹿鳴、野のひょうむ。我にひん有り、しつしょうを吹く(やさしい声で鹿が鳴き、野原の草を食べている。私のところにお客さんが来てくれたので、琴や笛を奏でて歓待する)」とあります。この詩は、紀元前一一世紀ごろ、周王朝の時代の中国で、王が家臣や賓客を招いて催した宴会で、うたわれたものだとされています。

[解説] 明治時代の中ごろに、外国からの賓客をもてなす宴会が開かれた建物「鹿鳴館」の名前は、この故事に由来しています。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿鳴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿鳴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation