@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鹿【カ】

デジタル大辞泉

か【鹿】
シカの古名。
「妻恋に―鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎ行く」〈・一六〇〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かせ‐ぎ【鹿】
《角が桛木(かせぎ)に似ているところから》シカの古名。
「一箇蒜(ひとつのひる)を白き―に弾きかけ給ふ」〈景行紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐の‐しし【鹿/鹿肉】
《「しし」は猪(いのしし)や鹿など食肉用の野獣の総称》
鹿のこと。
「猪(ゐ)のしし―は知らず、いくさはただ平攻(ひらぜ)めに攻めて勝ったるぞ、心地はよき」〈平家・一一〉
鹿の肉。
「相ともに心等しき―の味噌のなければ食はじとぞ思ふ」〈仮・仁勢物語・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しか【鹿】

㋐シカ科の哺乳類。日本にすみ、ヤクシカホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形。雄は3または4本に枝分かれした角をもつ。毎年4月ごろ前年の角が落ちたあと、袋角が伸び、9月ごろ完成した角となり皮がむける。幼時および夏毛には白斑があるが、冬毛では消失。古くは雄を「しか」、雌を「めか」といった。ニホンジカ。か。かせぎ。かのしし。しし。 秋》「青年―を愛せり嵐の斜面にて/兜太
㋑偶蹄(ぐうてい)目シカ科の哺乳類の総称。雄は枝角(えだづの)をもち、毎年生え替わる。ヨーロッパ・アジア・南北アメリカに分布する。ニホンジカ・アカシカトナカイヘラジカなど。
《揚げ代が十六文であったところから、「四四」を「鹿(しし)」にこじつけたという》江戸時代、大坂の遊里で、大夫天神に次ぐ遊女の位。鹿恋(かこい)。囲。
寄席芸人用語。咄家(はなしか)のこと。「はなしか」をして、鹿の字を当てた語。「鹿芝居」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく【鹿】[漢字項目]
[音]ロク(呉)(漢) [しか か かのしし しし
学習漢字]4年
〈ロク〉
動物の名。シカ。「鹿砦(ろくさい)鹿鳴神鹿
帝位。「逐鹿
〈しか(じか)〉「牡鹿(おじか)大鹿河鹿(かじか)
〈か〉「鹿毛(かげ)
[難読]氈鹿(かもしか)馴鹿(トナカイ)鹿尾菜(ひじき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

か【鹿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

鹿 (シカ・カセギ)
動物。哺乳類

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か【鹿】
〘名〙
① 鹿(しか)の古称。
※万葉(8C後)一・八四「秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿(か)鳴かむ山そ高野原の上」
② 江戸時代、上方の遊女の階級の一つで、囲(かこい)の別称。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「昔より身躰に応じ、松(せう)(ばい)鹿(カ)の位を分かち、分際相応にそれぞれの役々の女郎に縁を結び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かせぎ【鹿】
〘名〙
① 「しか(鹿)」の古名。《季・秋》
※書紀(720)推古六年一〇月(岩崎本訓)「越国白き鹿(カセキ)一頭(ひとつ)を献れり」
※俳諧・毛吹草(1638)二「中秋〈略〉鹿 かせき・すがる鳴」
② 人形浄瑠璃社会の隠語。
(イ) シラミ。
(ロ) イノシシ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しか【鹿】
〘名〙
① (古く、「女鹿(めか)」に対し雄じかを「夫鹿(せか)」と呼び、それが変化したものという) シカ科に属する哺乳類の総称。体はほっそりとし、四肢が細長く、尾は短い。ふつう雄の頭部には樹枝状の枝角があり、毎年基部から落ちる。森林や草原にすみ、木や草の葉・地衣などを食べる。ニホンジカ・トナカイ・ジャコウジカ・キョン・キバノロ・ノロなどの種類がある。日本では特にニホンジカをさしていう。かせぎ。かのしし。かかしし。《季・秋》
※書紀(720)仁徳三八年七月(前田本訓)「其(かの)苞苴は何の物そ。対へて言はく、牡鹿(シカ)なり。問ひたまはく、何処(いつこ)の鹿(シカ)そ」
② (揚代が一六匁のとき、四四十六の「四四」を「しし(鹿)」にこじつけ、「鹿恋(かこい)」の字を当てることがあるところから) 上方で太夫・天神につぐ遊女の階級、「囲(かこい)」の異称。
※浮世草子・好色二代男(1684)五「我を見しらぬ鹿(シカ)にこがれ」
③ 独活(うど)の生長して葉の伸び出たもの。鹿がこれを食うと角が落ちると俗にいう。
※歌謡・閑吟集(1518)「なをつまば、さはにねぜりや、みねにいたどり、しかのたちかくれ」
[語誌](1)①は古代からの食用狩猟獣で、猪と共に肉を意味する「しし」の語で呼ばれた。猪と区別して「かのしし」と呼び、また「かせぎ」ともいう。これらに共通する「か」が、鹿を意味する基本的な語のようだが、「しか」と「か」の関係は明らかではない。
(2)上代の文献からしばしば登場するが、特に和歌では秋の交尾期の牡の声が情趣あるものとされ、「万葉集」以来萩、紅葉等の景物とも組み合わされて多く詠まれた。鹿猟の一種「照射(ともし)」も平安後期以降、夏の景物として和歌の題材となった。なお、藤原氏の氏神である春日社が、神の使いとして尊重したことも、鹿と日本文化とを関係深いものとした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろく【鹿】
〘名〙
① 鹿(しか)をいう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 鹿・猪などの獣肉。古くは、獣肉を食べることを忌んだが、寒の内に限って、体を暖め血行をよくする薬として鹿や猪の肉を食べる風習があった。
※雑俳・類字折句集(1762)「惣嫁同士貴様も鹿をくやったか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation