@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

麹塵【キクジン】

デジタル大辞泉

きく‐じん〔‐ヂン〕【××塵】
色の名。灰色がかった黄緑色。染め色では紫根(しこん)刈安(かりやす)で染める。織り色では縦糸を青、横糸を黄で織る。天皇の袍(ほう)の色で禁色(きんじき)とされた。きじん。きちん。
麹塵の袍(ほう)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐じん〔‐ヂン〕【××塵】
《「きくじん」の音変化》黄色がかった緑色
「―の直垂(ひたたれ)に」〈平家・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きく‐じん ‥ヂン【麹塵】
〘名〙 (麹黴(こうじかび)の色によるという)
① 青色の黄ばんだ色。この色は特に天皇の褻(け)の袍の色として禁色(きんじき)。古くは刈安(かりやす)、紫草(むらさき)に灰を加えて染めたが、後世は緯(よこいと)は黄、経(たていと)に青を用いて織り、青色ともいう。きじん。やまばといろ。麹塵色。
※菅家文草(900頃)一・賦得折楊柳「応手麹塵軽、候顔青眼潔」 〔白居易‐代書詩一百韻寄微之〕
※小右記‐寛弘二年(1005)正月一八日「可御位御衣歟、将御麹塵歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐じん ‥ヂン【麹塵】
〘名〙 (「きくじん(麹塵)」の変化した語。「きちん」とも) 青色がかった黄色。きじんいろ。
※梁塵秘抄(1179頃)二「きぢん山吹止め摺りに、花村濃」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麹塵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

麹塵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation