@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

麻子仁【ましにん】

大辞林 第三版

ましにん【麻子仁】
麻の種子。かつて、民間薬として利尿・通経薬に使われた。苧実おのみ。 → 麻の実

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

ましにん【麻子仁】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。クワ科アサの果実を乾燥したもの。便秘に効く緩下(かんげ)作用のほか、利尿鎮痛などの作用がある。急性便秘、慢性便秘、便秘にともなう(じ)に効く麻子仁丸(がん)不整脈動悸(どうき)に効く炙甘草湯(しゃかんぞうとう)、便秘に効く潤腸湯(じゅんちょうとう)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

麻子仁
ましにん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻子仁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

麻子仁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation