@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄巣【コウソウ】

デジタル大辞泉

こう‐そう〔クワウサウ〕【黄巣】
[?~884]中国唐(とう)末の農民反乱黄巣の乱の指導者。山東省曹州の人。科挙に落第して、闇商人となる。のち仲間とともに決起し長安を占領したが、軍に大敗し自殺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうそう【黄巣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうそう【黄巣】
?~884 黄巣の乱の指導者。もと山東の塩密売人。880年長安を占領して皇帝になったが、唐軍に大敗し自殺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐そう クヮウサウ【黄巣】
中国、唐末の群雄のひとり。官吏を志して果たさず、塩の密売商人となる。王仙芝が乱を起こすとこれに従い、その死後、余衆を従えて各地を攻略。都長安を陥れて、国号を大斉とし、自ら斉帝と称する。李克用と戦って敗れ、逃亡、自殺した。八八四年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄巣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄巣の関連情報

関連キーワード

陽成天皇恒貞親王アフマド・ブン・トゥールーン恒貞親王陽成天皇アッシュールナジルパル2世光孝天皇相続回復請求権恒貞親王トゥールーン朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation