@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄帝【こうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄帝
こうてい
Huang-di
中国の伝説上の帝王。三皇五帝の一人。公孫,名は軒轅 (けんえん) 。中国古代の諸王朝や諸侯などの諸姓はすべて黄帝より出たものとされており,最高の帝王として尊ばれた。そのためさまざまな伝説がつけ加わり,多くの黄帝説話が形成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐てい〔クワウ‐〕【黄帝】
中国古代の伝説上の帝王。名は軒轅(けんえん)。神農氏のとき、暴虐な蚩尤(しゆう)と戦って勝ち、推されて帝となった。衣服貨幣・暦・医薬・音律などを定めたという。五帝の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうてい【黄帝 Huáng dì】
中国,古代伝説中の帝王。姓は公孫,名は軒轅であるといわれる。諸侯を攻める炎帝を阪泉(河北涿鹿(たくろく)県北西)にやぶり,反乱を起こした蚩尤(しゆう)を涿鹿で殺し,帝位につく。四方を平定し,天地自然の運行を調和させ,養蚕・衣服・舟運・牛馬車・文字・喪制・音律・医学など,すなわち人類文化を創造したと言われる。戦国時代の老荘学派の始祖ともされる。伝説中の帝王であることは言うまでもないが,戦国時代の斉国の青銅器銘文では,黄帝を高祖と呼んでいるから,東方地域の人びとの間には,黄帝を始祖とする伝承があったことは明らかである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうてい【黄帝】
中国、古代伝説上の帝王。三皇五帝の一人。姓は公孫、名は軒轅けんえん。「史記」によれば炎帝の子孫を破り、蚩尤しゆうを滅ぼして天子になったという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄帝
こうてい
中国古代の伝説上の帝王で、五帝の第一。炎帝(神農氏)の末に蚩尤(しゆう)の乱を平らげて天子となり、衣服、舟車、家屋、弓矢などの生活用具を初めてつくるとともに、文字、音律、暦などを制定し、また薬草を試用して人民に医術を教えるなど、人類に文化的生活を享受させた最初の帝王とされる。この黄帝伝説は『書経』『詩経』などの古文献にはみえず、戦国末の五行説の流行に伴って、先行の各種の神話伝説を基に徐々に形成された比較的新しいものである。また、道家末流によって老子に先だつ開祖とされ、その所説に付会した書がつくられて、漢初には「黄老の学」が流行した。後漢(ごかん)以降は神仙術や道教と結んで神格化された。[麥谷邦夫]
『森三樹三郎著『中国古代神話』(1969・清水弘文堂書房) ▽森安太郎著『黄帝伝説』(1970・朋友書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐てい クヮウ‥【黄帝】
中国古代の伝説上の帝王。三皇五帝のひとり。姓は公孫。軒轅氏とも、有熊氏ともいう。蚩尤(しゆう)の乱を平定し、推されて天子となる。舟車、家屋、衣服、弓矢、文字をはじめて作り、音律を定め、医術を教えたという。黄神(こうしん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

黄帝
こうてい
中国古代伝説上の帝王
前漢の司馬遷になる『史記 (しき) 』は黄帝を五帝の第一とし,彼から中国史を記述しはじめている。中国人は,黄帝を漢族の祖先と考えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄帝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation