@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄檗宗【おうばくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄檗宗
おうばくしゅう
日本の禅宗一派。中国僧隠元隆琦開祖とする。宗名は中国の黄檗山萬福寺の山号からとったもの。隠元は承応3(1654)年,長崎の崇福寺住持,逸然性融らのたびたびの懇請によって独湛性瑩らとともに来日,将軍徳川家綱に謁見し,山城国宇治黄檗萬福寺の名を移して堂宇を建立した。その後,木庵性瑫が黄檗宗を広め,江戸にも瑞聖寺を建てて関東地方に風を伝えた。一時衰えたが,嘉永4(1851)年,良忠如隆が出て復興に努めた。1874年治政府教部省の命令により臨済宗に合併したが,1876年再び独立して現在にいたる。宗風はほとんど臨済禅に一致するが,代の念仏禅を伝えているのが特徴。法式は明風を用いている。約 450の寺院をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうばく‐しゅう〔ワウバク‐〕【黄×檗宗】
日本の三禅宗の一。承応3年(1654)来日した明僧(みんそう)隠元が開祖で、京都府宇治市の黄檗山万福寺本山とし、明治9年(1876)臨済宗から独立して一宗となる。教禅一如を提唱、念仏禅に特色がある。→禅宗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうばくしゅう【黄檗宗】
京都府宇治市に所在する黄檗山万福寺を本山とする禅宗の一派。宗祖は1654年(承応3)に来日した明僧の隠元隆琦で,万福寺は61年(寛文1)に開創され,ここに禅浄一致の宗風をもつ明朝禅が伝えられて大きく発展した。隠元の禅は東福寺開山円爾弁円や円覚寺開山無学祖元と同じ径山(きんざん)の無準師範(ぶしゆんしばん)の法系に属する臨済禅であって,中国では臨済宗の一派にすぎなかったが,日本では黄檗山の禅が念仏禅の禅風をかかげ,伽藍様式や読経,法要様式,法具法服その他すべて明風であり,日本臨済宗に異なる特色をもったことで,臨済宗と分離し一宗を形成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄檗宗
おうばくしゅう
臨済(りんざい)宗、曹洞(そうとう)宗と並ぶ日本禅宗三派の一つ。中国明(みん)代の僧隠元隆(いんげんりゅうき)(1592―1673)を開祖とし、京都府宇治市にある黄檗山万福寺(まんぷくじ)を本山とする。元和(げんな)・寛永(かんえい)(1615~44)のころ、長崎には明末の動乱を逃れて渡来した多くの中国人、華僑(かきょう)が在住していたが、とくに福州(福建省)出身者たちによって興福寺(こうふくじ)、福済寺(ふくさいじ)、崇福寺(そうふくじ)(いわゆる長崎三福寺)が建てられ、明(みん)僧が招かれて住していた。臨済宗楊岐派(ようぎは)に属し、費隠通容(ひいんつうよう)の弟子であった隠元は、福州の黄檗山万福寺に住していたが、興福寺逸然性融(いつねんしょうゆう)の招聘(しょうへい)を受け、大眉性善(だいびしょうぜん)、独湛性瑩(どくたんしょうけい)、独言性聞(どくげんしょうもん)、南源性派(なんげんしょうは)ら随行30名を連れて1654年(承応3)に長崎に来航し、興福寺、崇福寺、摂津普門寺の住職を務めた。ついで58年(万治1)江戸湯島麟祥院(りんしょういん)に寄寓(きぐう)し、4代将軍徳川家綱に謁して信頼を得、61年(寛文1)についに幕府の許可を得て山城(やましろ)国宇治に大禅苑(だいぜんえん)を建立、先住地の名をとって黄檗山万福寺と名づけた。
 隠元はここで明朝(みんちょう)風の伽藍(がらん)を構え、明朝風の法式勤行(ほうしきごんぎょう)を行い、特異な念仏禅を挙揚し、のちにその系統が黄檗宗とよばれた。この新来の禅に日本僧が相次いで参じたが、とくに儀礼の面で日本の禅界に多大の影響を与えた。さらに隠元の弟子木庵性(もくあんしょうとう)(1611―84)や即非如一(そくひにょいち)(1616―71)も渡来して隠元の教化を助け、またこの系統に高泉性(こうせんしょうとん)(1613―95)、鉄眼道光(てつげんどうこう)(1630―82)、竜渓性潜(りゅうけいしょうせん)(1602―70)などがいて、その発展に大きな役割を果たし、黄檗宗は隆盛に赴いた。
 とくに木庵性は黄檗宗第2世となり、のち江戸瑞聖寺(ずいしょうじ)を開山、関東に黄檗宗の基礎を据えた。また5世の高泉性は中興といわれる。その後万福寺は13世竺庵(じくあん)まで中国僧によって受け継がれたが、14世竜統(りゅうとう)以後は日本僧も住持するようになった。21世大成(たいせい)以後しだいに衰微し、33世良忠(りょうちゅう)が宗門を刷新し再興を図ったが、1874年(明治7)臨済宗に合併された。しかし、1876年にふたたび独立、1952年(昭和27)に宗教法人法による認証を受けた。今日、法系としては臨済宗の白隠慧鶴(はくいんえかく)の系統に変わったが、中国風の法式勤行(ごんぎょう)は現在も伝承されている。2000年(平成12)現在寺院463、信徒35万人を擁している。
 なお、隠元とともに渡来した文人工匠らによって、普茶(ふちゃ)料理(精進料理)や煎茶(せんちゃ)などの生活文化、また明朝風の建築様式、画像、彫像、詩文、書などの黄檗風といわれる文化が移入され、日本で独特の発達をみせた。[石川力山]
『山本悦心著『黄檗東渡僧宝伝』(1926・愛知黄檗堂) ▽西村貞著『黄檗画像志』(1934・大阪池永美術研究所) ▽高橋良和著『黄檗山万福寺』(1976・探究社) ▽竹貫元勝編・著『近世黄檗宗末寺帳集成』(1990・雄山閣出版) ▽阿部理恵著『禅の寺――臨済宗・黄檗宗 十五本山と開山禅師』(1996・禅文化研究所) ▽臨済会編『昭和・平成禅僧伝 臨済・黄檗篇』(2000・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうばく‐しゅう ワウバク‥【黄檗宗】
〘名〙 仏語。臨済禅の一派。明の黄檗山万福寺の僧隠元(隆琦禅師)が承応三年(一六五四)に来日し、寛文元年(一六六一)に山城国宇治に寺の基を興し、黄檗山万福寺を称し、同五年にはほぼ完成した。後、この寺を大本山とし、明治九年(一八七六)宗名を立てて黄檗宗とした。教禅一如を提唱し、念仏禅の特色がある。隠元派。黄檗派。黄檗。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

黄檗宗
おうばくしゅう
明代に黄檗清規 (しんき) が始めた臨済宗の一派
唐・宋風の臨済宗の日常行事を明風に改めたもの。日本には,1654年隠元が来朝して宇治に黄檗山万福寺を創建した。中国風読経など,今日におよんでいる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

黄檗宗
おうばくしゅう
江戸初期に来日した明僧隠元 (いんげん) 隆琦によってもたらされた禅宗の一派
中国においては臨済の一派であるが,日本に伝えられたのは明朝風の念仏禅で浄土教的要素が強いため,鎌倉時代以来の臨済宗とは区別され独立の宗派となった。隠元は将軍徳川家綱の帰依をうけ,1661年山城国(京都府)宇治に万福寺を開き,寺制・建築・仏具儀式などすべて中国風を用い,仏教界に新風を吹きこんだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄檗宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation