@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄櫨・櫨【はじ】

精選版 日本国語大辞典

はじ【黄櫨・櫨】
〘名〙
① 植物「やまうるし(山漆)」の古名。
※書紀(720)神代下「梔。此をば波茸(ハジ)と云」
② 植物「はぜのき(黄櫨)」の異名
③ 襲(かさね)の色目の名。①の紅葉を連想させる色として表は赤で裏は黄。一説では表は黄で裏は萌黄。晩秋・初冬に用いた。
※栄花(1028‐92頃)紫野「うすやう・もみぢば・はじ、又紅にて、裏はいろいろなるもき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ‐の‐き【黄櫨・櫨】
〘名〙 植物「はぜのき(黄櫨)」の異名。《季・夏》 〔天正本節用集(1590)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はぜ【黄櫨・櫨】
〘名〙
① 「はぜのき(黄櫨)」の異名。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕
② 植物「やまうるし(山漆)」の異名。
③ 植物「さぎごけ(鷺苔)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はぜ‐の‐き【黄櫨・櫨】
〘名〙
① ウルシ科の落葉高木。昔、琉球から渡来したもので、実から蝋(ろう)を採るために栽培されていたものが野生化し、今では、本州の関東以西・四国・九州の暖地に生える。高さ一〇メートル、径六〇センチメートルに達する。葉は奇数羽状複葉で七~一五枚の小葉からなり、枝先に密に互生し、秋に紅葉する。雌雄異株。初夏、葉腋から長さ約一〇センチメートルの円錐花序を下垂し、小さな黄緑色の五弁花が群がって咲く。果実は径約一センチメートルの楕円形で白く熟し、蝋が採れる。材は器具用。漢名、紅包樹。はぜ。はじ。はじのき。ろうのき。りゅうきゅうはぜ。はにじ。〔書言字考節用集(1717)〕
② 植物「やまうるし(山漆)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄櫨・櫨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄櫨・櫨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation