@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄泉【コウセン】

デジタル大辞泉

こう‐せん〔クワウ‐〕【黄泉】
《「地下」の》地下にあり、死者の行くとされる所。あの世。よみじ。冥土(めいど)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よみ【黄泉】
死後、その魂が行くとされている地下の世界。冥土(めいど)。泉下(せんか)。よみのくに。よもつくに。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よみ‐じ〔‐ぢ〕【黄泉/黄泉路】
黄泉(よみ)の国へ行く道。冥土(めいど)への道。また、黄泉。「―へ立つ」「―の(さわ)り」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よみ【黄泉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうせん【黄泉】
孟子 滕文公下 地中の泉。
地面の下にあり、死者が行くといわれている所。冥土めいど。よみじ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よみ【黄泉】
死後、霊魂が行くとされる所。死者の国。冥府。冥土。よみの国。よみじ。よもつ国。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐せん クヮウ‥【黄泉】
〘名〙 (中国で、「黄」は地の色にあてるところから)
① 地下の泉。
※頼山陽詩集(1832)一九・茶山老人竹杖歌「排碧落、掀黄泉」 〔孟子‐滕文公・下〕
② 地面の下にあり、死者が行くといわれる所。仏教でいう地獄(罪業のある者だけが行く)とは元来は別のものであるが、のちに、特に日本では、混同されるようになった。あの世。よみじ。冥土(めいど)
※霊異記(810‐824)上「慎(ゆめ)黄泉の事を妄(みだり)に宣べ伝ふること勿れ」 〔春秋左伝‐隠公元年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よみ【黄泉】
〘名〙 人の死後、その魂の行くという所。死者の住む国。あの世。よみの国。よみ路。よもつ国。よみつ国。こうせん。
※万葉(8C後)九・一八〇九「生けりとも 合ふべくあれや ししくしろ 黄泉(よみ)に待たむと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation