@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄海道【こうかいどう】

世界大百科事典 第2版

こうかいどう【黄海道 Hwanghae‐do】
朝鮮半島中西部の地方。朝鮮八道の一つである。独立後,朝鮮民主主義人民共和国に属し,行政的には載寧江をに,東を黄海北道(道都沙里院),西を黄海南道(道都海州)に分割されている。
[自然]
 北東から南西方向へ走る彦真,滅悪二つの山脈北部こそ1000mほどの高さをもつが,大部分は500m以下の残丘性の山地を連ねている。山脈の北部には楽浪準平原に続く広い載寧江流域平野があり,南部にも京畿湾に沿って延白平野が展開している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうかい‐どう クヮウカイダウ【黄海道】
李氏朝鮮のころ、朝鮮半島中北部の黄海に面した地方に置かれた道。朝鮮八道の一つ。漢代は楽浪郡、のち高句麗(こうくり)に属し、李氏朝鮮の初期には豊海道と称した。現在は南北両道に分かれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄海道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄海道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation