@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄色【きいろ】

色名がわかる辞典

きいろ【黄色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな黄」としている。一般に、現代ではレモンの皮、ヒマワリの花、卵の黄身のような色をさす。また黄系統の色の総称でもある。人類最古の黄色い顔料はとされ、日本ではイネ科カリヤスなどが黄色の染料として古くから用いられた。に次ぐ古い色名の概念の一つだが「き」の語源ははっきりしていない。日本の伝統色名では刈安かりやす黄檗きはだなどが代表的。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「土」に相当し、中央の最も重要な位置にある。相撲でいうと、東の青房、南の赤房、西の白房、北の黒房の中央にある土俵のこと。中国では皇帝の色で最高の権威を象徴する。日本では国が表彰する黄綬褒章おうじゅほうしょうの綬(リボン)は黄色。また、印刷で用いる色の三原色マゼンタイエローシアンだが、イエローは「黄」と訳される。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐しょく〔ワウ‐〕【黄色】
きいろ。こうしょく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐いろ【黄色】
[名・形動]
三原色の一つで、黄の色。また、そのさま。「黄色な帽子」
大判小判などの色。山吹色

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しょく〔クワウ‐〕【黄色】
きいろ。おうしょく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうしょく【黄色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きいろ【黄色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうしょく【黄色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうしょく【黄色】
きいろ。こうしょく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きいろ【黄色】
名 ・形動
の色。黄。また、そのさま。 -な蝶ちよう
大判・小判の色。山吹色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうしょく【黄色】
きいろ。おうしょく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐しょく ワウ‥【黄色】
〘名〙 きいろ。黄の色。こうしょく。おうしき。「黄色人種」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一〇「例ば曹達塩類は黄色(ワウショク)(〈注〉キイロ)」 〔管子‐幼官〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐いろ【黄色】
〘名〙 (形動)
① 黄の色。また、そのさま。黄。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「けふのかづけ物は、きいろのこうちぎかさねたる女のよそひとて」
② 特に黄金や大判、小判などの色。また、そのさま。山吹色。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「其中には黄色にして飯櫃(いひひつ)なりなる物したたか入て置れしを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きいろ‐・い【黄色】
〘形口〙
① 黄色である。黄色をしている。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉一七「煎豆腐の中へ鶏卵(たまご)が入って黄色くなったの」
② 声の調子が高く鋭い。→黄色い声
※鮫(1963)〈真継伸彦〉三「おれの声はうわずって、とにかく黄色かった」
③ 未熟であること、おとっていることをいう役者仲間の隠語。老練である意の「くろい(黒)」に対していう。しろい。→嘴(くちばし)が黄色い
※咄本・東都真衛(1804)とふせいじん「わるひ事を 白い(〈注〉キイロイとも云)」
きいろ‐み
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しょく クヮウ‥【黄色】
〘名〙 きいろ。おうしょく。
※新撰朗詠(12C前)上「一叢百朶秋に入て発く 黄色は花の中に比方無し〈橘在列〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation