@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄蘗【おうばく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄蘗
おうばく
ミカン科のキハダの内樹皮。鮮色できわめて苦く,僧侶陀羅尼を誦するとき口に含んで眠気をさましたという。腸管蠕動を抑制し,抗菌作用があるベルベリンを含む。奈良県吉野,大峰高野山で製造される健胃整腸剤「陀羅尼助」はこの黄蘗を主成分としセンブリなどを煮つめたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐はだ【黄×蘗/黄膚】
ミカン科の落葉高木。樹皮は厚く、内部は黄色。葉は羽状複葉。雌雄異株。夏、黄緑色の小花を円錐状につける。樹皮を漢方で黄柏(おうばく)といい、苦味があり、健胃薬に用い、また黄色染料に利用。材はつやがあり、家具・細工物に使う。きわだ。おうばく。
黄蘗色(きはだいろ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐わだ〔‐はだ〕【黄×蘗】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

黄蘗 (キハダ・オウバク)
学名:Phellodendron amurense
植物。ミカン科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐わだ ‥はだ【黄蘗】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄蘗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄蘗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation