@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄蜀葵【トロロ】

デジタル大辞泉

とろろ【黄葵】
トロロアオイ別名。また、その根をすりつぶした粘りのある汁。和紙を漉(す)くときの(のり)に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろろ‐あおい〔‐あふひ〕【黄葵】
アオイ科の一年草。高さ1~1.5メートル。葉は互生し、手のひら状に深く裂けている。夏から秋、淡黄色の大きな5弁花を横向きにつけ、茎の下のほうから上へ順に開き、1日でしぼむ。中国の原産で、観賞用。根は漢方で鎮咳(ちんがい)薬・健胃薬とする。黄蜀葵(おうしょっき)。 夏》「歩きゐて日暮るる―かな/澄雄」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おう‐しょっき〔ワウシヨクキ〕【黄××葵】
トロロアオイの漢名。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

黄蜀葵 (トロロアオイ・オウショッキ;オウスケ)
学名:Abelmoschus manihot
植物。アオイ科の一年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐しょっき ワウショクキ【黄蜀葵】
〘名〙 植物「とろろあおい(黄蜀葵)」の古名。《季・夏》 〔薬品手引草(1778)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろろ【黄蜀葵】
〘名〙 トロロアオイの根をすりつぶした粘りのある汁。紙を漉(す)くのに糊として用いる。また、トロロアオイの別名。〔多識編(1631)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろろ‐あおい ‥あふひ【黄蜀葵】
〘名〙 アオイ科の一年草。東アジア原産。日本では製紙用の糊にするために栽培され、また観賞用にも植える。高さ一~二メートル。葉には長柄があり、互生。葉身は掌状に深く五~七裂し裂片は綿状長楕円形で縁に粗い鋸歯(きょし)がある。夏、径一〇~二〇センチメートルの黄色い花が横向きに咲く。花弁は五、螺旋状に重なり、基部は暗紫色。雄しべは多数集まって筒状をなす。果実は長さ約五センチメートル、長楕円形で硬い毛を密生する。根を腸カタルや鎮咳(ちんがい)の薬として使う。漢名、黄蜀葵。《季・夏》 〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しょっき クヮウショクキ【黄蜀葵】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄蜀葵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄蜀葵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation