@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄蝋【おうろう】

精選版 日本国語大辞典

おう‐ろう ワウラフ【黄蝋】
〘名〙 蜜蜂の巣から製した黄色の蝋。巣を加熱、圧搾し、水中で煮沸して取り出す。無味無臭で、化粧品原料、艷出し剤、ろうそく、クレヨンなどに用いられる。蜜蝋。〔大和本草(1709)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐ろう クヮウラフ【黄蝋】
〘名〙 ミツバチの巣から製した黄色の蝋。精製して蝋燭(ろうそく)や化粧品原料などに用いる。おうろう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄蝋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄蝋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation