@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄金海岸【オウゴンカイガン】

デジタル大辞泉

おうごん‐かいがん〔ワウゴン‐〕【黄金海岸】
Gold Coast》アフリカ西部、ギニア湾岸の一地域。旧英領植民地で、現在のガーナ共和国ゴールドコースト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうごんかいがん【黄金海岸 Gold Coast】
西アフリカのギニア湾に面した,現在のガーナを中心とする地方を指すのに,15世紀以来ヨーロッパ人が用いた名称。西アフリカの海岸諸地方へしきりに船をおくっていたポルトガルは,1470年代に,この地方から大量の金を入手するのに成功した。ポルトガルにつづいて,イギリス,フランス,オランダデンマークブランデンブルク等もこの地方に交易拠点を築いた。しかし,内陸地方に発達していたマンデ系商人の交易組織のため,海岸拠点でのヨーロッパ側の金の入手は思うにまかせず,当時アメリカ大陸開発のために需要の大きかった,そして金よりも入手が簡単だった黒人を,ヨーロッパ諸勢力は奴隷として大量に〈黄金〉海岸から積み出すことになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうごんかいがん【黄金海岸】
Gold Coast アフリカ西部、ギニア湾北岸のガーナに当たる地域。黄金の産地。一五世紀ごろ、ポルトガル人によって金が大量に積み出されたので、こうよばれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄金海岸
おうごんかいがん
西アフリカ、ギニア湾岸の西はアキシムから東はボルタ川に至る海岸地帯で、旧イギリス植民地。ゴールド・コーストGold Coastともいう。17~18世紀ごろ、金の産出地とみなされて、このような地名がつけられた。15世紀末にポルトガル人がこの地にエルミナ城塞(じょうさい)を建設し、金、奴隷、象牙(ぞうげ)などの貿易の拠点とした。その後オランダ、スウェーデン、イギリスが進出、競合したが、19世紀にはイギリスがもっとも強力となり、1874年にゴールド・コースト植民地を建設した。1957年3月ガーナ共和国として独立した。[中村弘光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうごん‐かいがん ワウゴン‥【黄金海岸】
アフリカ北西部、ギニア湾に面する海岸。ゴールドコースト。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄金海岸
おうごんかいがん
ゴールドコースト」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄金海岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄金海岸の関連情報

関連キーワード

COASTモジュールカメロン海岸山脈海岸山脈ヴィッキー フレドリック黄金海岸の慣習ゴールド・コーストマイアミ欲望海岸ゴールド・コーストゴールド・コースト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation