@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黄鐘【オウシキ】

デジタル大辞泉

おう‐しき〔ワウ‐〕【黄鐘】
日本楽の十二律の一。基音壱越(いちこつ)より七高い音で、中国の十二律の林鐘(りんしょう)洋楽のイ音にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しょう〔クワウ‐〕【黄鐘】
中国音楽の十二律の一。音律基本となる音。日本の十二律の壱越(いちこつ)にあたる。
陰暦11月の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうしき【黄鐘】
日本音楽の用語。(1)十二律の一つ。基音である壱越(いちこつ)の音(洋楽のd,ニ音)から八律目の音で,aの音(イ音)とほぼ同じ高さの音。雅楽でこの音を主音とする調子を黄鐘調といい,六調子の一つでに属するとされる。なお〈こうしょう〉とよまれることもあるが,これは十二律の中国名で別音である。(2)の用語。(能管)の基調の一つ。各句の終りの音が黄鐘の(流派により四の孔または三の孔)で終わる曲をさし,盤渉(ばんしき),双調(そうぢよう)に対して用いられる語。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうしょう【黄鐘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おう‐しき ワウ‥【黄鐘】
〘名〙
① 十二律の一つ。イ音(aの音)に相当する。おうしきじょう。おうしょう。
※風姿花伝(1400‐02頃)一「惣(そう)じて、調子は声によるといへども、黄鐘、盤渉(ばんしき)をもて、用ふべし」
※御伽草子・御曹子島渡(室町末)「たいとう丸をぬきいだし、〈略〉時の調子を取り、わうしきにて吹き給へば」
③ 陰暦一一月の異称。おうしょう。〔明応本節用集(1496)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おう‐しょう ワウ‥【黄鐘】
〘名〙
① =おうしき(黄鐘)①〔周礼春官・大司楽〕
② =おうしき(黄鐘)③〔伊京集(室町)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しょう クヮウ‥【黄鐘】
〘名〙
① 中国音楽十二律の一つ。音律の基本となる音。日本では壱越(いちこつ)、ニ音にあたる。
② 陰暦一一月の異称。《季・冬》 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄鐘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄鐘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation