@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黎明会【れいめいかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黎明会
れいめいかい
吉野作造福田徳三らの主唱で「世界の大勢に逆行する危険なる頑迷思想を撲滅する」ことを目標に,1918年 12月 23日今井嘉幸,麻生久新渡戸稲造穂積重遠大山郁夫三宅雪嶺らを中心に組織された民主主義的思想団体。その歴史的意義としては,黎明会を媒介として創刊された雑誌『我等』や『解放』が大衆運動理論を提供し,19年1月からは毎月1回の講演会をもつなどして,多くの読者,聴衆に影響を及ぼし,大正デモクラシー先駆となったことである。しかし,社会情勢の急激な変化,社会主義思想の台頭とともに,その攻撃を受け,会員の思想上の一致を欠くにいたったため,まもなく解散した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れいめい‐かい〔‐クワイ〕【黎明会】
大正7年(1918)吉野作造福田徳三らの提唱発足した啓蒙団体。講演会などを通して民本主義の発展普及につとめた。同9年解散。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいめいかい【黎明会】
大正期の民本主義的知識人の思想団体。白虹(はつこう)事件にさいしての吉野作造擁護を契機に,1918年12月,吉野のほか木村久一,左右田喜一郎,福田徳三,森戸辰男,渡辺銕蔵らが学士会館で創立した。知識人による最初の団体であり,〈学理の上に打立てた所の合理的言論〉をもって活動することを目的とし,月1回の講演会を開き多くの聴衆を集めた。また,19年3月から翌年4月にかけて《黎明講演集》全10集を刊行し,19年6月創刊の雑誌《解放》への執筆協力とあわせて,三・一独立運動への連帯表明など民本主義思想に基づく啓蒙活動に本領を発揮した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

黎明会
れいめいかい

大正中期の民主主義の啓蒙(けいもう)思想団体。吉野作造(さくぞう)、福田徳三(とくぞう)らが『中央公論』などと連携してデモクラシーを推進する結社を企画し、1918年(大正7)12月23日に発会させた。発会時の会員は吉野、福田、今井嘉幸(よしゆき)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、穂積重遠(ほづみしげとお)、大庭景秋(おおばかげあき)、大山郁夫(いくお)、高橋誠一郎、五来欣造(ごらいきんぞう)、朝永(ともなが)三十郎、麻生久(あそうひさし)、三宅雪嶺(みやけせつれい)、森戸辰男(もりとたつお)ら大学教授や言論人23名で、国本の学理的闡明(せんめい)・頑冥(がんめい)思想の撲滅、国民生活の安固充実の促進を大綱とした。社会主義的色彩は希薄で、緩やかな啓蒙(けいもう)団体であったが、毎月講演会を開き、それらの記録として『黎明講演集』を刊行した。とくに、労働者や小作人の団結や争議行為を事実上禁止した治安警察法第17条の撤廃や普通選挙を主張し、また、武断的な朝鮮統治政策などを強く批判した。20年(大正9)夏に解散したため、存続は短期間であったが、新人会や民人同盟会など多くの社会科学・思想研究の学生組織結成の呼び水となり、大正デモクラシー運動の前期と後期の架橋の役割を果たした。

[佐藤能丸]

『菊川忠雄著『学生社会運動史』(1931・中央公論社/増補改訂・1947・海口書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れいめい‐かい ‥クヮイ【黎明会】
大正時代の思想啓蒙団体。大正七年(一九一八)発足。デモクラシー思想の発展・普及に貢献。参加者、福田徳三・吉野作造・新渡戸稲造・三宅雪嶺・森戸辰男・大山郁夫・阿部次郎ら。同九年解散。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

黎明会
れいめいかい
大正時代,吉野作造らを中心に民本主義の普及をはかった啓蒙団体(1918〜20)
1918年12月,吉野・福田徳三・新渡戸稲造・三宅雪嶺・森戸辰男・大山郁夫ら23名で組織。雑誌や講演を通して活動し,デモクラシー思想の発展普及につとめたが,会員内部の思想上の不統一から'20年解散した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黎明会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黎明会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation