@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黎朝【れいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黎朝
れいちょう
ベトナムの王朝。前,後2つの黎がある。 (1) 前黎朝 (980~1009)  ベトナムが中国の支配から独立してのち,まだ国家的基盤が確立しない時代の短期王朝の一つ。初代の黎桓 (在位 980~1005) から龍てい (在位 05~09) までわずか3代で滅んだ。首都は寧平 (ニンビン) 省の華閭 (ホアル) 。 (2) 後黎朝 (1428~1527,33~1789)  黎利の支配に対して反抗し,これを駆逐したのち樹立した王朝。首都は東都 (ハノイ) 。前期 (1428~1527) は国威が盛んで,特に聖宗時代には絶頂期を迎えた。諸制度が整備され,チャンパを征服して領土南方に拡張した。しかしその後は凡庸の皇帝が相次ぎ,国内は内乱状態となり,実力者となった莫登庸 (ばくとうよう) に国を奪われ,黎朝はいったん滅んだ。その後,1533年に荘宗が清化 (タンホア) で即位し黎朝は復興したが,なおハノイにおける莫氏の治世も続き,16世紀を通じて黎,莫両朝の抗争が続いた。 92年黎朝はついにハノイを奪回したが,黎朝の実権はその復興に功績のあった鄭氏の手中に帰した。一方,この鄭氏に反対した阮氏は南の順化 (ユエ) 地方に拠って鄭氏に対抗し,黎朝の名目的支配のもとでの鄭・阮両氏の対抗時代が続いた。この阮氏支配下にベトナム勢力の南方への拡張 (南進) が一層進展。 1771年に勃興したタイソン (西山) 党の乱の混乱期に阮氏と鄭氏は相次いで滅ぼされ,黎朝のみはなおしばらくその地位を保ったが,やがて起った鄭氏復興の反乱に直面して愍帝は清朝に援助を請い,それによって入寇した清軍がタイソン軍に大敗すると皇帝も清に逃れ,89年黎朝はついに滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れい‐ちょう〔‐テウ〕【黎朝】
ベトナムの王朝の一。前黎朝と後黎朝とがあるが、一般に後者をさす。1428年、黎利がの支配を脱して建てた王朝で、ハノイを首都とし、国号を大越とした。1527年、の莫登庸によって王位を奪われ、1533年復興したが、以後ハノイの鄭氏とユエの阮氏との抗争を経て、1789年西山党の阮氏によって滅ぼされた。朝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいちょう【黎朝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れいちょう【黎朝】
ベトナムの王朝。黎利が中国の明の支配を撃退し、1428年ハノイに独立、大越を国号とした。1527年莫登庸ばくとうように王位を奪われ王朝が断絶したが、32年に復興。のち鄭氏と阮氏が権力を争い、西山党の阮氏により1789年滅亡。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黎朝
れいちょう
ベトナムの王朝(1428~1789)。レ朝とも。前黎朝(981~1009)に対し後黎朝ともいう。陳(チャン)朝の滅亡(1400)に乗じて侵攻した明(みん)国の支配に抵抗し藍山(ラムソン)に蜂起(ほうき)した黎利(レ・ロイ)が、10年にわたる独立戦争を戦い明軍を撤退して創立した。簒奪(さんだつ)による中断期を挟んで前後27代356年間存続した。黎利(太祖)は国号を大越(だいえつ)(ダイベト)と号し昇竜(タンロン、現ハノイ)を東京(ドンキン)とよんで都に定め、陳朝の諸制度を復活したが、4代聖宗(在位1460~97)の洪徳(こうとく)年間に至って明制を採用した官制が整い、儒教の振興によって漢字文化が発展するとともに中央集権体制の強化によって内政が充実した。一方、外にはチャンパに遠征してその王国領北部を割譲させるなど黎朝は最盛期を迎えた。16世紀に入って帝権が揺らぎ、恭帝のときに太師莫登庸(ばくとうよう)(マク・ダンズン)の簒奪にあった(1526)が、のち阮淦(げんきん)(グエン・キム)が荘宗を擁立して莫朝と戦い、莫氏を北方に駆逐して黎朝の中興を果たした。しかしやがて朝廷の実権は太師鄭検(ていけん)(チン・キエム)に帰し、以後歴代の黎帝は位を保つだけとなった。17世紀以降は、南方に勢力を張った阮氏と鄭氏の対立が激しく、チユア(領主)とよばれ王を称した阮(グエン)・鄭2氏の抗争によってベトナムは事実上南北二つの王国に分裂した。1771年阮氏領南部に西山(タイソン)党の乱が起こり、鄭氏は西山党と呼応して阮氏を滅ぼした(1775)が、86年には北上した西山軍によって鄭氏も滅ぼされた。西山党はいったん黎帝を尊立したが、昭統帝の要請によって入関した清(しん)国軍を撃退し、同時に昭統帝を清国に亡命させたため黎朝は滅亡した。[川本邦衛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れい‐ちょう ‥テウ【黎朝】
ベトナムの王朝。前黎朝(九八〇‐一〇〇九)と後黎朝(一四二八‐一五二七、一五三二‐一七八九)があり、普通は後黎朝をさす。後黎朝は明の支配に蜂起した黎利がハノイ(東都)に都して建国。国号は大越。一五二七年莫登庸(ばくとうよう)に帝位を奪われ、三二年復興。一七八九年西山朝に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

黎朝
れいちょう
1428〜1527,1532〜1789
ヴェトナムの王朝
黎利が明軍を撃退して樹立。首都はハノイ。15世紀後半の聖宗の治世が最盛期で,諸制度が改革整備されるとともに,チャンパーを征服して領土を拡大した。その後内乱が起こって1527年には権臣莫登庸 (ばくとうよう) に帝位を奪われ,間もなく復したものの,実権はハノイの鄭氏 (ていし) ,ユエの阮氏 (げんし) という両権臣の手にあった。のち西山党の蜂起の結果滅んだ。980〜1009年にわたり3代続いて滅亡した黎朝(前黎朝)と区別して,後黎朝と呼ぶこともある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黎朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黎朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation