@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黎桓【れいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黎桓
れいかん
Lê Hoan
[生]941
[没]1005
ベトナム,前黎朝 (→黎朝 ) の創始者 (在位 980~1005) 。ベトナム音でレ・ホアン。諡は大行皇帝。清化 (タンホア) 省愛州の人。初め丁朝に仕え十道将軍となり,丁部領没後,太后楊氏と結び,新帝丁せんの摂政となって政治の実権を握った。 980年軍の侵入を前にして擁立されて帝位につき,新王朝を創立した。都は丁朝と同じ寧平 (ニンビン) 省の華閭 (ホアル) に定めた。即位後まず宋軍を撃破して大勝利を得た。次いで宋との間に友好関係を深めた。一方,982年には南隣のチャンパに親征し,その都を陥れている。後,第3子の中宗龍鉞が即位 (05) したが,わずか3日で第5子龍てい (在位 05~09) がこれを殺して即位した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいかん【黎桓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

黎桓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黎桓の関連情報

関連キーワード

財産分離財産分離承平・天慶の乱平安時代(年表)安倍晴明レ・ホアン下・降雲隠都内の交番統廃合計画承平天慶の乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation