@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒川博行【くろかわひろゆき】

知恵蔵mini

黒川博行
日本の小説家。1949年、愛媛県生まれ。京都市立芸術大学を卒業し、高校の美術教師などを経て、83年に第1回サントリーミステリー大賞佳作となった『二度のお別れ』(文藝春秋)で作家デビュー。同作は85年にNHK銀河テレビ小説でドラマ化された。以降、多数の作品がテレビドラマ化・映画化されている。86年『キャッツアイころがった』(文藝春秋)で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年『カウント・プラン』(文藝春秋)で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞し、直木賞候補となる。97年『疫病神』(新潮社)、99年『文福茶釜』(文藝春秋)、2001年『国境』(講談社)、07年『悪果』(角川書店)の4作も直木賞候補となった。14年7月、「疫病神」シリーズ第5弾となるハードボイルド小説「破門」(角川書店)で、第151回直木賞を受賞。
(2014-7-22)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろかわ‐ひろゆき〔くろかは‐〕【黒川博行】
[1949~ ]小説家。愛媛の生まれ。高校美術教師などを経て「二度のお別れ」でデビュー。綿密な取材にもとづくリアルな描写推理小説を多く書き、「破門」で直木賞受賞。他に「疫病神」「悪果」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

黒川博行 くろかわ-ひろゆき
1949- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和24年3月4日生まれ。昭和58年「二度のお別れ」がサントリーミステリー大賞佳作となり,作家デビュー。61年「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞。平成8年「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞。26年ハードボイルド「疫病神」シリーズ5作目の「破門」が6度目のノミネートで直木賞を受賞。愛媛県出身。京都市立芸大卒。著作はほかに「疫病神」「国境」「悪果」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

黒川博行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒川博行の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎森一生ドッジ・ラインマキノ雅広イタリア映画木下恵介中国共産党冷戦キング・クリムゾン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation