@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒川紀章【くろかわきしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒川紀章
くろかわきしょう
[生]1934.4.8. 愛知,名古屋
[没]2007.10.12. 東京,新宿
建築家。1957年京都大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院で丹下健三師事。1962年黒川紀章建築都市設計事務所主宰。1960年代に日本の建築界をリードしたメタボリズムグループの旗手として活躍(→メタボリズム)。カプセル住宅で構成される未来都市のイメージを提示した中銀カプセルタワービル(1972),国立民族学博物館(1977),国立文楽劇場(1984),クアラルンプール新国際空港(1998),ゴッホ美術館新館(1999),国立新美術館(2006)など,国内外に多くの作品がある。また,カザフスタンの首都アスタナ(→ヌルスルタン)など都市計画も手がけた。1990年広島市現代美術館で日本建築学会賞を受賞。建築家として多彩な活動で知られたが,政治に関心をもち 2007年4月に東京都都知事選挙,7月に参議院選挙に出馬し,ともに落選。『共生思想』(1987)など多数の著書がある。1992年日本芸術院賞受賞。1998年日本芸術院会員。2006年文化功労者

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろかわ‐きしょう〔くろかはキシヤウ〕【黒川紀章】
[1934~2007]建築家。愛知の生まれ。丹下健三に師事。槙文彦らとメタボリズム運動を展開。建築だけでなく都市計画にも積極的にたずさわった。国立民族学博物館国立新美術館などを設計。芸術院会員。平成18年(2006)文化功労者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

黒川紀章 くろかわ-きしょう
1934-2007 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和9年4月8日生まれ。妻は若尾文子(あやこ)。丹下健三にまなび,昭和37年独立。高村光太郎賞,フランス建築アカデミー-ゴールドメダル,芸術院賞など受賞多数。平成10年カザフスタン新首都の国際設計コンペ1位。同年芸術院会員。18年文化功労者。平成19年10月12日死去。73歳。愛知県出身。京大卒。代表作に中銀カプセルタワービル,国立民族学博物館,クアラルンプール新国際空港など。著作に「都市デザイン」「共生の思想」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

黒川紀章
日本の建築家、思想家。1934年、愛知県生まれ。 京都大学建築学科を経て、64年に東京大学大学院博士課程所定単位修得。1960~70年代の建築運動「メタボリズム」をリードし、東京大学在学中の62年4月に、株式会社黒川紀章建築都市設計事務所を設立。72年、代表作の一つである「中銀カプセルタワー」(東京)を完成させ、海外でも一躍注目を浴びた。92年、「奈良市写真美術館」の設計で日本芸術院賞を受賞した他、86年「フランス建築アカデミーゴールドメダル」、2002年「国際都市賞」(スペイン)、など、受賞多数。06年に「文化功労者」、07年には「正四位旭日重光章」を受章した。代表作に、国立民族学博物館、ベルリン日独センター(ドイツ)、クアラルンプール新国際空港(マレーシア)などがある。2007年10月12日、多臓器不全のため死去。享年73。
(2014-12-17)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒川紀章
くろかわきしょう
(1934―2007)

建築家。名古屋市に生まれる。1957年(昭和32)京都大学工学部建築学科を卒業し、東京大学大学院の丹下健三研究室に進学(1964年同博士課程修了)。62年独立して黒川紀章建築都市設計事務所を設立した。世界的に活躍した日本のポスト・モダン建築家。美術館と博物館を中心に多くの建築を手がけ、時代の変化にあわせた建築論も精力的に執筆した。大学院時代から注目を浴び、若き天才建築家として人気を集めた。週刊誌でもとりあげられ、高度経済成長期の日本を象徴する輝かしいヒーローであった。丹下健三の「東京計画1960」(1961)では、おもに交通計画を担当した。個人としても、空中に格子状ネットワークをもつ「農村計画」(1960)やDNAの螺旋(らせん)構造を参照した立体的なメガストラクチャー(従来の都市や建築の概念ではとらえきれない一つの都市のような巨大な建築)の「ヘリックス計画」(1961)など、大胆なSF的都市計画を提案した。1960年の世界デザイン会議を契機に、菊竹清訓(きくたけきよのり)や槇文彦(まきふみひこ)らとともにメタボリズム・グループを結成し、中心メンバーとして活躍した。メタボリズムは、新陳代謝するように各部分の取り外しが可能なデザインを提唱した。日本から海外に向けて発信された建築の運動として、今なおもっとも有名なものである。世界中で近代建築の限界が露呈し、1960年代に日本の現代建築が世界の水準に並んだ瞬間でもあった。静的な建築に時間や動きの概念を導入し、ダイナミックな世界観を反映する動く建築を構想し、自動車をモデルとしたカプセルの空間を提案した。こうした思想を表明した彼の著書『行動建築論』(1967)は、建築書としては異例の売れ行きを示した。

 1970年代は、タカラ・ビューティリオン、空中テーマ館、テトラ構造の東芝IHI館など、大阪で開催された日本万国博覧会(1970)の未来的パビリオンを複数手がけ、メタボリズムを実践した。工業化された部屋単位を使う中銀カプセルタワービル(1972、東京)や、情報ネットワークの拠点としてのソニータワー大阪(1976)では、カプセルを積極的に導入している。国立民族学博物館(1977、大阪)では、増築可能な四角いブロックを骨格としつつ、落ち着いた「利休鼠(りきゅうねずみ)」の色を使い、新しい展開への転換点となった。石川厚生年金会館(1977)も利休鼠の色をテーマに掲げた。1970年代後半も、二項対立ではないグレーの文化を唱え、多義的で曖昧(あいまい)な利休鼠の感覚を建築に導入している。福岡銀行本店(1975)では、公共と私有の中間領域として都市に大きな空地を与えた。またアラブ首長国連邦のアブ・ダビやイラクのバグダードなど、海外でのプロジェクトも手がけた。

 1980年代以降は、異なる価値観を認めつつ競争し対立する「共生」の思想を唱え、中間領域を重視したデザインを試みた。埼玉県立近代美術館(1982)、名古屋市美術館(1987)、広島市現代美術館(1988)などである。メタボリズムも共生も生物学から着想を得たように、近代建築からポスト・モダン建築への転換は、単純な機械モデルから複雑な生物モデルへの変化を意味する。1990年代のクアラ・ルンプール新国際空港(1998)も、空港の中庭に森をつくり、自然とハイテクの共生を目ざしている。林立する柱からは、滑らかな曲面を描く屋根の単位が伸び、人工的な現代建築でありながら、イスラム建築や自然の森を連想させる。

 また1990年代は、ぐにゃぐにゃした形態をもつ「フラクタル」的な造形と、円錐形を多用する「アブストラクト・シンボリズム」を展開した。フラクタルは自然の形態に発見される新しい幾何学の概念であり、福井市美術館(1996)や富士宮ゴルフクラブ・クラブハウス(1997)において参照されている。黒川によれば、アブストラクト・シンボリズムとは、抽象幾何学という人類共通の美学を用いながら、象徴性を表現し、グローバルとローカルを同時に実現する。抽象的でありながら、具体的な場所性を表現する方法は、相反する二元論をのりこえる、共生の思想の変形といえよう。メルボルン・セントラル(1991)やシンガポールのレイン・クロフォード・プレイス(1993)などにも使われた円錐形は、ヨーロッパの尖塔(せんとう)、中国建築の屋根、ロケットの尖端、ジッグラト(聖塔)として解釈でき、多様な読みに開かれている。2000年以降も、シンガポールや中国など、海外で大型のプロジェクトに携わった。

 高村光太郎賞(1965)、毎日芸術賞(1978)、フランス芸術文化勲章(1989)、日本建築学会賞(1990)、日本芸術院賞(1992)などを受賞。1998年(平成10)日本芸術院会員。2006年文化功労者。また前述したもの以外に、おもな建築作品として、国立こどもの国(1965、横浜)、山形ハワイドリームランド(1967)、寒河江(さがえ)市庁舎(1967)、佐倉市庁舎(1971)、西武高田馬場(たかだのばば)BIGBOX(1974)、青山ベルコモンズ(1976)、ワコール麹町(こうじまち)ビル(1984)、ゴッホ美術館新館(1998、アムステルダム)、大阪府立国際会議場(2000)、豊田市スタジアム(2001)、国立新美術館(2006)などがある。

[五十嵐太郎]

『『メタボリズムの発想』(1972・白馬出版)』『『グレーの文化』(1977・創生記)』『『行動建築論 メタボリズムの美学』(1979・彰国社)』『『道の建築 中間領域へ』(1983・丸善)』『『ノマド(新遊牧騎馬民族)の時代 情報化社会のライフスタイル』(1989・徳間書店)』『『共生の思想 未来を生きぬくライフスタイル』(1991・徳間書店)』『『黒川紀章ノート 思索と創造の軌跡』(1994・同文書院)』『『新共生の思想――世界の新秩序』(1996・徳間書店)』『『都市革命――公有から共有へ』(2006・中央公論新社)』『『黒川紀章著作集』全18巻(2006・勉誠出版)』『『都市デザイン』復刻版(紀伊國屋新書)』『『ホモ・モーベンス 都市と人間の未来』(中公新書)』『SD編集部編『黒川紀章』(1979・鹿島出版会)』『『別冊新建築 黒川紀章』(1986・新建築社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒川紀章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒川紀章の関連情報

関連キーワード

清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation