@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒御簾【クロミス】

デジタル大辞泉

くろ‐みす【黒×簾】
歌舞伎の舞台で、下座音楽を演奏する場所。江戸では文政(1818~1830)ごろまで上手(かみて)にあり、のち下手(しもて)になった。中の演奏者が客席から見えないように黒いすだれを下げるのでいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろみす【黒御簾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろみす【黒御簾】
見物席から見えないように黒い御簾をかけたところから
歌舞伎の下座げざの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒御簾
くろみす
歌舞伎(かぶき)舞台用語。下座(げざ)音楽を演奏する場所。江戸では文政(ぶんせい)年間(1818~30)まで舞台の上手(かみて)奥に設けられていたが、のち現在のように下手(しもて)に移された。下手の大臣柱(だいじんばしら)の左方に、高さ6尺(約1.8メートル)の黒塗りの板羽目を立て、これに窓が設けてある。その窓には縦の桟の後ろに黒い簾(すだれ)を下げ、客席から中が見えないようにしてある。現代では、その前面にも道具を飾って目だたないようにすることが多いが、本来は黒御簾の前に道具を飾ることはしなかった。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ‐みす【黒御簾】
〘名〙 (舞台との間に黒い御簾を下げたところから) 歌舞伎舞台の下手(しもて)の一隅で下座音楽を演奏する所。江戸では文政(一八一八‐三〇)ごろまで上手(かみて)にあり、その後下手になった。
※歌舞伎・処女評判善悪鏡(白浪五人女)(1865)五幕「いつもの所門口、下手黒簾(クロミス)の所路地口」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒御簾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒御簾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation