@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒斑【クロフ】

デジタル大辞泉

くろ‐ふ【黒斑】
黒色の斑点(はんてん)。
黒い斑のある(たか)の矢羽根に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ‐ぶち【黒斑/黒×駁】
黒のぶちのあるもの。動物の毛色などにいう。「―の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ‐まだら【黒斑】
黒色のまだら。くろぶち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐はん【黒斑】
黒い斑点

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ‐ふ【黒斑】
〘名〙
① 黒い斑点(はんてん)
※正治初度百首(1200)冬「ふぶきするかた野の原をかり行けばくろふのたかのゆきにまがはぬ〈藤原隆房〉」
② 黒い斑のある鷲の羽。矢羽に用いる。
③ サボテンの茎などの淡緑色の地に出る濃緑色のまだら模様。墨斑(すみふ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ‐まだら【黒斑】
〘名〙 動物の体色などで、黒色が所々に混じっていること。また、そのもの。
※書紀(720)皇極三年七月(岩崎本訓)「此虫は〈略〉其の色、緑(みとり)にして有黒点(クロマタラ)なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐はん【黒斑】
〘名〙 黒色のまだら。黒い斑点。
※本朝食鑑(1697)五「鴈〈略〉鴈蒼黒而腹有黒斑

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒斑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒斑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation