@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒曜岩【こくようがん】

岩石学辞典

黒曜岩
テオフラストスは,黒曜岩または松脂岩をlipara stoneという名称で記載した[Theophrastus : 320 B. C.].昔のギリシャでは同様の岩石をobsianosと呼んでおり,プリニウスの初期の本にはobsidianと書かれている[Pliny : 77].エチオピアのオブシウス(Obsius)で発見された岩石でありobsianと訂正されたが,obsianはおそらくギリシャ人がこの石を鏡に作って使用したことによるらしい.暗色の火山ガラスからなる岩石で,ガラス状またはサテン状の光沢があり,貝殻状の割れ目がある.一般に塊状であるが様々な形状のものがある.斑晶はまれか含まれないが,薄片では微晶または晶子が流線に沿って配列しているのが観察される.一般に流紋岩組成に相当するが,この語自体は流紋岩の組成ということは意味していない.他の酸性や中性の組成のガラス質になる時はデーサイト質黒曜岩や粗面岩質黒曜岩というように接頭語をつける.黒曜岩は1%以内のH2Oを含んでいるのに対して,松脂岩(pitchstone)は4~10%のH2Oを含んでいる[Vogt : 1923].日本語は和田維四郎が1878年に黒耀石(黒曜石)と訳したが,それ以前からあった石の名らしい[歌代ほか : 1978].耀は火の明るく輝くさま,曜も日が照って明るいさまの意味.イソファイア(isophyre)[Tomekeieff : 1983],ハイアロサイト(hyalopsite)[Johannsen : 1932].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくようがん【黒曜岩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

黒曜岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒曜岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation