@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒目【クロメ】

事典・日本の観光資源

黒目
(島根県簸川郡斐川町)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろい【黒】 目(め)
確かな眼力。しっかりした観察眼。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)一「賤の方の心底黒い眼で見抜いて置いた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ‐め【黒目】
〘名〙
① 眼球の中央の黒い部分。角膜の部分。くろまなこ。くろめだま。
※春日権現験記絵詞(1309)一七「御眼広くなかく黒眼はすくなく白眼はおほし」
② 物を量る目方の名。一六〇匁(六〇〇グラム)を一斤(きん)とする。唐目(からめ)
※地方新書(1847)(古事類苑・称量三)「俗に唐目、又黒目と称す。〈略〉是一種の衡法也」
③ 銅と鉛の合金。にぐろめ。
※万金産業袋(1732)二「赤銅(紫銅)の合せやうは、(クロメ)め拾匁に、極上は金め八分八りん」
④ 魚「ぼら(鰡)」の異名。またその幼魚をいう。〔延宝八年合類節用集(1680)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろ‐め【黒目/黒眼】
眼球の中央の黒い部分。くろめだま。→白目

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation