@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒竜江【コクリュウコウ】

デジタル大辞泉

こくりゅう‐こう〔‐カウ〕【黒竜江】
アムール川
中国東北地区北端の省。省都ハルビン農業が盛んで、他に木材・毛皮や地下資源を産出する。ヘイロンチアン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくりゅうこう【黒竜江】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくりゅうこう【黒竜江】
アムールに同じ。
中国の北東端部にある省。アムール川とウスリー川でロシア連邦のシベリアと国境を接する。石炭・石油など地下資源が豊富。別名、黒。省都ハルビン。ヘイロンチアン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒竜江
こくりゅうこう
ロシア連邦と中国東北地区との国境を流れるアムール川の中国名。中国では「ヘイロンチヤン」と発音する。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

黒竜江
こくりゅうこう
アムールの中国名。外モンゴルに源を発し,中国とシベリアの境を流れ,日本海に注ぐ大河。松花 (スンガリ) 江・ウスリー江をはじめ,大支流をもつ
17世紀にシベリアを経由して東進したロシア人が黒竜江に達し,清との衝突をひき起こしたが,ネルチンスク条約によってロシア側は一時後退した。19世紀,ロシアはアロー戦争による清の弱体化に乗じて再び黒竜江に進出し,アイグン(愛琿)条約・北京条約を結んだ。この結果,黒竜江北岸と沿海州地方をロシア領とし,黒竜江・松花江の航行権を得た。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒竜江
こくりゅうこう
アムール川」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒竜江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒竜江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation