@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒菜

デジタル大辞泉プラス

黒菜
熊本県阿蘇郡小国町で生産される葉物野菜。温泉熱を利用して育成される。来歴不詳だが、小松菜分化といわれる。おひたし、浅漬けなどにして食する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

黒菜 (アラメ・コクサイ)
学名:Eisenia bicyclis
植物。コンブ科の褐藻

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒菜 (クロメ)
植物。コンブ科の褐藻

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

黒菜[葉茎菜類]
くろな
九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
主に阿蘇郡小国町で生産されている。小国町岳の湯地区では古くから栽培されており、あちこちで蒸気が噴き出しているという土地柄に定着した。現在も温泉熱により地温が高い、ごく限られた圃場でのみ栽培されている。収穫は2月から3月。くまもとふるさと伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation