@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒部峡谷【くろべきょうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒部峡谷
くろべきょうこく
富山県東部,黒部川上・中流部にある峡谷黒部川が飛騨山脈を西側の立山連峰と東側の後立山連峰とに分けて北流する。黒部湖より上流を上ノ廊下,下流下ノ廊下と呼ぶが,標高差 1500~2000mに及ぶ断崖絶壁があり,日本で最も深い峡谷の一つとなっている。大正末期から電源開発が行なわれたが,それまではカモシカや野猿が生息し,人跡未踏であった。宇奈月温泉からトロッコ式の黒部峡谷鉄道欅平まで通じる。沿線には黒薙温泉鐘釣温泉祖母谷温泉があり,一帯中部山岳国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろべ‐きょうこく〔‐ケフコク〕【黒部峡谷】
黒部川の上・中流の峡谷。立山連峰と後(うしろ)立山連峰を二分する、日本一深い峡谷をなす。黒部湖から上流を上廊下(かみのろうか)、下流を下廊下(しものろうか)と呼ぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろべきょうこく【黒部峡谷】
富山県東部,宇奈月温泉より上流の黒部川の峡谷。黒部湖域で二分され,東沢谷合流点より上流の〈上ノ廊下〉は登山路のない原始景観そのままの峡谷である。黒部湖より下流の〈下ノ廊下〉は山頂と河床との高低差が1500~2000mもあり,十字峡を中心とする断崖絶壁をえぐった旧日本電力歩道を改良した山道西岸に通じている。峡谷は隆起に伴う花コウ岩の節理に沿って浸食・形成されたもので,深いわりに花コウ岩の岩肌流水で明るく,新緑や紅葉が映える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒部峡谷
くろべきょうこく

富山県東部を流れる黒部川の宇奈月(うなづき)温泉から上流の峡谷。黒部川が北アルプスの北部を立山(たてやま)連峰と後(うしろ)立山連峰に二分して流れているため、その山頂と谷底の高度差は1500~2000メートルに及び、日本で最深の峡谷地帯を形成している。観光地としての黒部峡谷は、黒部峡谷鉄道が通ずる宇奈月温泉から上流欅平(けやきだいら)までである。この間に黒薙(くろなぎ)温泉、鐘釣(かねつり)温泉、名剣(めいけん)温泉、祖母谷(ばばだに)温泉などがある。欅平より上流、黒部ダム下流域は「下廊下(しものろうか)」で、その中心部はS字峡、十字峡、白竜峡である。このルートは1935年(昭和10)ごろ当時の日本電力の調査ルートで、左岸につけられた足下100メートルの断崖(だんがい)の登山ルートで、一般観光客の探勝はむずかしい。黒部峡谷のもう一つの観光の中心は黒部ダム地域である。黒部ダム上流の東沢谷からは「上廊下(かみのろうか)」で山道もなく、河岸と激流を渡り行く登山者のみのルートである。「下廊下」は、特別名勝・特別天然記念物に指定されている。

[深井三郎]

『深井三郎著『黒部とその山々をゆく』(1968・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

黒部峡谷
(富山県富山市・黒部市・中新川郡立山町)
とやまの名水66選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒部峡谷
(富山県黒部市)
日本二十五勝」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

黒部峡谷
(富山県黒部市)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろべ‐きょうこく ‥ケフコク【黒部峡谷】
富山県東部、黒部川上流部の峡谷。右岸の後立山連峰、左岸の立山連峰にはさまれ、黒部湖から上流を上廊下、下流を下廊下と呼ぶ。猿飛、十字峡などの奇勝が続く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒部峡谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒部峡谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation