@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黒髪【くろかみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒髪
くろかみ
三味線音楽の楽曲名。 (1) 地 1世湖出市十郎 (?~1800) 作曲。1世鈴木万里 (?~16) が大坂で弾きはやらせた。三下り。を合せるときは,平調子または半雲井調子。大坂の1世津山検校が得意として,その歌い方を津山節ともいった。舞では詞章が語る女の恨みを離れて,座敷舞としての幽艶な姿態が重視される。各流派でさまざまな解釈がなされる。 (2) 長唄 天明4 (84) 年 11月江戸中村座所演の『大商蛭小島 (おおあきないひるがこじま) 』のすきの場に用いられた下座のメリヤス曲。湖出市十郎および1世杵屋佐吉が演奏,間奏部を省略したり作したりした。 (1) との先行関係は明らかになっていない。 (3) 一中節 『小春髪結之段』の通称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろ‐かみ【黒髪】
黒くてつやのある髪。髪の美称。「黒髪
[補説]作品名別項。→黒髪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろかみ【黒髪】[作品名]
長唄地歌の曲名。初世桜田治助作詞、初世杵屋佐吉(きねやさきち)(地歌としては湖出(こいで)市十郎)作曲。天明4年(1784)江戸中村座初演の歌舞伎狂言「大商蛭小島(おおあきないひるがこじま)」で、伊東祐親(いとうすけちか)の娘辰姫が恋しい頼朝政子に譲ったあと、ひとり髪をすきながら嫉妬(しっと)に身を焦がす場面に用いられた。
近松秋江の小説。大正11年(1922)発表。遊女に金を貢ぎ続ける男の妄執を描く。同年発表の続編に「狂乱」「霜凍る宵」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐はつ【黒髪】
黒い髪の。くろかみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

黒髪
日本のポピュラー音楽。歌は女性演歌歌手、神野美伽。2012年発売。作詞:荒木とよひさ、作曲:弦哲也。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろかみ【黒髪】
邦楽曲の曲名。(1)地歌 (a)繁太夫物《髪梳き》の別称。(b)湖出(こいで)市十郎作曲と伝えられる三下り端歌。鈴木万里が流行させ,また,津山検校が得意として,その歌い方を〈津山ぶし〉といった。(2)長唄 めりやす物。上記の市十郎が江戸に戻ったあとで,1784年(天明4)所演の《大商蛭子島(おおあきないひるがこじま)》二番目〈髪梳きの場〉の辰姫の所作の下座唄として,杵屋佐吉・新太郎の三味線で歌ったものが伝わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろかみ【黒髪】
黒くて光沢のある美しい頭髪。 緑の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろかみ【黒髪】
長唄の一。歌舞伎「大商蛭小島おおあきないひるがこじま」で、伊東祐親すけちかの娘辰姫が頼朝への恋を政子に譲り、髪を梳きながら嫉妬しつとに身を焦がす場面に用いためりやす。地歌にも類曲がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こくはつ【黒髪】
黒くつややかな髪。くろかみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ‐かみ【黒髪】
[1] 〘名〙
① 色黒くつやのある髪。また、髪の美称。
※万葉(8C後)二〇・四三三一「ぬばたまの 久路加美(クロカミ)敷きて 長き日(け)を 待ちかも恋ひむ 愛(はし)き妻らは」
② 喝食鬘(かっしきかずら)のこと。
※申楽談儀(1430)序「大男にていられしが〈略〉自然居士などに、くろかみ着、高座に直られし、十二三斗に見ゆ」
[2]
[一] 長唄・地唄。歌舞伎「大商蛭小島(おおあきないひるがこじま)」(天明四年一一月江戸中村座初演)で、伊東祐親(すけちか)の娘辰姫が、頼朝への恋を北条の娘政子へ譲って、二人を二階へ上げたあと、自分の髪をすきながら、嫉妬に胸をこがすという場面のめりやすに使われた。歌詞は、独り寝の女の、やるせない心をうったえたもの。初演は長唄で杵屋佐吉の作曲。地唄にも取り入れられた。
[二] 小説。近松秋江作。大正一三年(一九二四)刊。苦しい生活の中から遊女に仕送りする男の愛執の情を描いた代表的情話文学。
[語誌](1)「万葉集」では「黒髪に白髪交り」(五六三)「黒髪の白くなるまで」(一四一一)など、黒髪に白髪を配して年老いたという、時の経過を表わす表現と、①の挙例の歌のように髪を梳き下げ男を待って横たわる女の姿を官能的に表出する表現の型がある。
(2)平安和歌では黒髪の若さと美しさとを潜在させながら、時の経過を歌う型は、「むばたまの我がくろかみや変るらむ鏡の影に降れる白雪〈紀貫之〉」〔古今‐物名〕のように白髪を雪や滝に見立てて老年の現在を歌う漢詩の影響の色濃い表現に変化し、男が女の髪を幻視して恋う型は、「黒髪の乱れて知らずうちふせばまづ掻きやりし人ぞ恋しき〈和泉式部〉」〔後拾遺‐恋三〕のように、女が自分の髪に残る恋人の感触に恋情をほとばしらせる型に変容し、定型化する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐はつ【黒髪】
〘名〙 黒くつやのある髪の毛。くろかみ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二二「黒髪長く垂れて双肩に及び」 〔神仙伝‐五・泰山老父〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

黒髪
メリヤス
くろかみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
演者
湖出市十郎 ほか
初演
天明4.11(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒髪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒髪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation