@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

黙読【モクドク】

デジタル大辞泉

もく‐どく【黙読】
[名](スル)声に出さずに読むこと。「脚本をひととおり黙読する」⇔音読

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

黙読
加藤一浩による戯曲初演は劇団東京乾電池(2008年)。2009年、第53回岸田国士戯曲賞の候補作品となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もくどく【黙読 silent reading】
ひとりで,声を出さないで文章み,意味をとってゆく行為,技術。いまでは日常化してなんの疑いももたれてはいないが,歴史的には近代市民社会形成過程のある時期以降に支配的,社会的になった様式,慣習である。これに対して,ローマの文人社会で公開朗読会が本の出版にひとしい意味をもっていたように,古代中世では声を出して他人にも自分にも聞かせる〈音読〉が支配的様式であった。これは〈音読〉が共同体内部の語り吟遊詩人伝統と直結していたためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もくどく【黙読】
スル
声を出さずに読むこと。 ⇔ 音読 教科書を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もく‐どく【黙読】
〘名〙 声に出さないで、目だけで読むこと。目読。⇔音読
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五八「黙読(モクドク)する事良々久し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黙読」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黙読の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation