@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鼠色【ねずみいろ】

色名がわかる辞典

ねずみいろ【鼠色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「灰色」としている。一般に、ネズミ科ネズミの体毛のような濃い灰色のこと。江戸時代、奢侈しゃし禁止令により染色の色が制限されたなかで茶色系統、鼠色系統、紺色系統は許されたとされるほど、ポピュラーな色であった。そして「四十八茶百しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるように多くの派生した色を生み出した。藍鼠あいねず梅鼠うめねず銀鼠ぎんねず茶鼠ちゃねずみ利休鼠りきゅうねずみなどが代表的。このため、まじりけのない鼠色を素鼠すねずみともいった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねずみ‐いろ【×鼠色】
ネズミ毛色のような淡黒色。灰色。ねず。「鼠色の目立たないスーツ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねずみいろ【鼠色】
鼠の毛のような青みがかった灰色。灰色の総称。グレー。ねずみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねずみ‐いろ【鼠色】
〘名〙
① 青みがかった淡黒色。灰色。にびいろ。ねず。
※虎明本狂言・察化(室町末‐近世初)「ねずみ色なとりの、まつこれほどな大きさでおじゃる」
② (黒白がはっきりしないところから) 態度、主張、所属などがあいまいなもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼠色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼠色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation