@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鼻アレルギー【びアレルギー】

世界大百科事典 第2版

びアレルギー【鼻アレルギー allergic rhinitis】
アレルギー性鼻炎ともいう。遺伝子病一種アレルギー反応によって誘発される鼻炎で,頻発するくしゃみ,水様性鼻汁,鼻閉を主症状とする。アレルギー反応やアレルギー性疾患をひき起こす抗原性物質をアレルゲンというが,鼻粘膜にアレルゲンがつくと,すでに粘膜のマスト細胞表面に存在しているIgE抗体との間で抗原抗体反応が起こる。この疾患が遺伝子病といわれるゆえんは,遺伝子の異常によって,ある抗原に対してIgE抗体が著しく多量に産生されるようになることによる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鼻アレルギー
びあれるぎー
nasal allergy

鼻粘膜における抗原抗体反応の結果おこる疾患で、アレルギー性鼻炎allergic rhinitisともいう。アレルギー反応の型はI型反応で、主として免疫グロブリン(Ig)E抗体によっておこる。

 抗原は大部分が吸入性抗原であり、花粉の飛散期に一致して症状が消長する季節性アレルギーの場合は、とくに花粉症とよばれる。また、一年中症状がみられるときはハウスダスト(室内塵(じん))が抗原として疑われる。このほか、ハウスダスト中のダニをはじめ、カビ、材木粉、繊維、穀粉、動物の毛など、空気中に浮遊するほとんどのものが抗原となりうるとみられている。

[高橋昭三]

症状

発作性再発性のくしゃみ、水のような鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)が三主徴とされており、花粉症では流涙、目のかゆみ、充血、異物感などの眼症状も加わる。一般にかぜの初期に似ており、早朝の起床時におこりやすく、急激な温度変化でも誘発され、人によっては喘息(ぜんそく)を合併することもある。

[高橋昭三]

診断

いろいろなアレルゲン誘発試験や皮膚試験によるほか、症状出現の季節性を確認したり、鼻水中の好酸球増加などで決定するが、アレルギーの家族歴も参考になる。

[高橋昭三]

治療

重症例に対しては、鼻粘膜における抗原抗体反応を遮断する免疫療法、すなわち特異的減感作を行うが、この療法は遅効性で効果が現れるまでに3か月以上もかかるので、対症療法や変調療法を併用する。対症療法には全身的療法と局所的療法があり、全身的療法には抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服し、局所的療法としてはインタールやベクロメサゾンの鼻吸入を行う。変調療法としては、ヒスタグロビンの注射を単独あるいは減感作療法と併用する。また、室内を低温・低湿に保ち、清掃を頻繁に行うなど、原因抗原の除去および回避についての配慮も必要である。

 なお、血管運動性鼻炎とよばれる鼻アレルギーに似た疾患があり、両者を含めて鼻(び)過敏症とよぶこともある。

[高橋昭三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

び‐アレルギー【鼻アレルギー】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鼻アレルギー
びアレルギー
アレルギー性鼻炎」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼻アレルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼻アレルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation