@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鼻出血【びしゅっけつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鼻出血
びしゅっけつ
nosebleed
鼻血。出血外傷異物手術炎,腫瘍などの局所的原因によるものと,出血性素因代償月経などの全身的原因によるものとがある。軟骨性鼻中隔前庭部 (キーゼルバッハ部) からの出血が大部分である。軽度の場合は,半座位で安静にし,鼻翼 (小鼻) の外から出血部位を圧迫したり,鼻背 (鼻筋) や後頭部を冷やすなどして止血する。止血しにくい場合,あるいは繰返し出血するときは,出血部位にタンポンガーゼを詰めたり,焼灼したりするほか,原因に応じた処置を講じる必要がある。代償月経や高血圧症の場合は,強い止血法は望ましくないことがある。年配者の反復する鼻出血や,少量でも持続する一側性の鼻出血の際は,悪性腫瘍の初期を疑ってよく検査すべきである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びしゅっけつ【鼻出血】
鼻粘膜からの出血。鼻血はなぢ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鼻出血
びしゅっけつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

び‐しゅっけつ【鼻出血】
〘名〙 鼻からの出血。鼻血。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

鼻出血
びしゅっけつ
Nasal hemorrhage
(鼻の病気)

原因は何か

 鼻出血の原因には、鼻粘膜の血管に原因がある場合、鼻のなかに腫瘍がある場合、首から上の血圧に原因がある場合、血液に原因がある場合があります。鼻の血管には、首の外頸(がいけい)動脈からの枝と脳の内頸(ないけい)動脈からの枝があり、最大の血管は外頸動脈由来の(がく)動脈の分枝である蝶口蓋(ちょうこうがい)動脈で、そのほかにも多くの血管が集まっています。

 最も血管が集まっているのは鼻中隔(びちゅうかく)の前方のキーゼルバッハ部位で、ここが鼻出血の最も起きやすい部位です。ここからの鼻出血はアレルギー性鼻炎のかゆみで鼻を強くこすったり、指を鼻に入れる習慣でも起こります。小児のこの部位からの鼻出血は、白血病(はっけつびょう)やオスラー病などの疾患が否定されれば、病気として扱いません。

治療の方法

 小鼻を強く押さえれば、数分で止血できます。頻繁な出血で生活に支障があれば、電気凝固、レーザー蒸散、粘膜乱切(らんせつ)、粘膜除去などを行います。

 月経の時に起こる鼻出血は代償出血といわれ、病的とはいえません。片側だけからのあまり多くない出血が続けば、血管腫(けっかんしゅ)や成人の上顎腫瘍(じょうがくしゅよう)などの鼻や上咽頭の腫瘍が疑われます。

 成人の鼻出血で最も多い原因は、血圧の上昇です。鼻の上方からの出血は脳血管の枝からの出血のこともあり、脳の血圧を下げて、脳出血を予防する役目もあります。鼻出血を止めるよりも、血圧のコントロールが重要です。

 また、ワーファリンやバファリンなどの心筋梗塞(しんきんこうそく)脳梗塞(のうこうそく)の治療・予防のための薬(抗凝固薬(こうぎょうこやく))は血が止まりにくくなるため、鼻出血の原因になります。逆に鼻出血治療のために止血薬を使うのは、梗塞疾患の原因になる可能性もあります。

 成人にみられる上方や後方からの鼻出血は、血圧のコントロールやタンポン留置などでは止血できず、内視鏡手術での血管の結紮(けっさつ)(しばる)やクリッピングが必要になる場合もあります。このような手術は近年急速に進歩しています。

 全身疾患に伴う鼻出血には高血圧や薬物以外にも、白血病や遺伝的に血管がもろくなるオスラー病があります。

久保 伸夫

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼻出血
びしゅっけつ
Nasal hemorrhage
(外傷)

原因は何か

 鼻出血は耳鼻咽喉科の救急疾患のなかで多くみられ、その局所的原因としては外傷が最も多くなっています。鼻副鼻腔(びふくびくう)の血管系は、外頸(がいけい)動脈と内頸(ないけい)動脈からの枝をもち、鼻腔に毛細血管網をめぐらしています。とくに両者の終末部位である鼻中隔(びちゅうかく)先端部のキーゼルバッハ部位は鼻出血の好発部位で、全体の約80%を占めています。また、左右の鼻腔の隔壁である鼻中隔の弯曲(わんきょく)の程度が強く、弯曲の最も突出した(きょく)(櫛)部では粘膜が薄くなっていて損傷しやすくなっています。

 鼻アレルギーでの発作時やかぜで、くしゃみを連発し、鼻水を強く何度もかむと、鼻粘膜を損傷し出血の原因になりやすいです。小児では、鼻をほじるなど指爪による鼻粘膜のかき傷が小出血を招きます。一方、ケンカ、スポーツ、交通事故などでの顔面の外傷では、一部分症として鼻出血は必ず生じます。

 通常、顔面・頭部外傷による骨折などの精査が優先され、そののちに鼻出血の処置となりますが、顔面の腫脹(しゅちょう)(はれ)・発赤と鼻出血のみの場合には、耳鼻咽喉科を受診する時には止血している場合も多いようです。

 高齢者や高血圧糖尿病、心臓疾患などの基礎疾患のある場合には、鼻出血は持続性で、動脈性出血で多量の出血を伴う場合もあります。そのため、自然に止血しない時には病院で早めの対処が必要です。

検査と診断

 診断のポイントは、いかに鼻腔内の出血部位を確認するかです。キーゼルバッハ部位などの鼻腔前半部からの場合は前鼻鏡で簡単に出血部位を確認しやすく、耳鼻咽喉科受診時に止血している場合もあります。鼻腔後半部からの出血、多量の鼻腔内出血の場合には、出血部位を注意深く確認する必要があります。

 内視鏡は有用性が高く、鼻腔内の詳細な観察が可能です。鼻副鼻腔X線やCTは、出血の原因が鼻腔以外の腫瘍や外傷によると予想される場合に有効です。血液検査は、多量出血の場合に貧血の状態を調べたり、出血の原因として白血病などの血液疾患が疑われる場合に行われます。

治療の方法

①家庭での鼻出血の緊急処置

 日常生活で鼻出血に出合った時は、緊急処置として、出血側の鼻翼を指で押さえて数分待つことで、大多数のものは止まります。頭を上に向けると出血が後鼻孔(こうびこう)から咽頭に流れ落ち、胃部が不快になったり止血の確認ができなくなるので、必ず頭を下に向けるようにします。そのあとで、硬くした綿で栓をつくって挿入します。それでも止まらない場合や多量出血の場合には、耳鼻咽喉科専門医の止血処置に委ねる必要があります。

②出血部位が容易に確認できる場合の止血方法

 通常、5000倍エピネフリンと4%キシロカインを浸したコメガーゼを鼻腔後部にまで挿入し、下を向かせて数分待ちます。この目的は止血とともに鼻腔粘膜の麻酔作用と収縮作用で出血部位を確認しやすくするためです。鼻腔内のガーゼをゆっくり取り除いて、出血部位を確認します。

 鼻腔前半部の場合には、簡単に出血している箇所や出血していた創傷部位を発見できます。その場合、出血部位を電気凝固し、止血薬を含んだオキシセル綿を装着すれば十分です。

③出血部位が確認しづらい場合の止血方法

 ガーゼを取り出す時、出血量が多い場合や鼻腔後半部では出血部位の確認が難しい場合があります。出血が多い時には再度コメガーゼを挿入して止血を試みます。ほぼ止血していて、明らかな出血点を確認できなくてもおおよその部位を予想できれば、鼻腔内に止血ガーゼを挿入します。通常、抗菌薬を含んだ軟膏ガーゼで鼻腔全体を密閉、圧迫するように挿入します。

 再度出血する可能性があったり疼痛が強い場合は、止血剤、抗菌薬入りの点滴療法と安静のため入院となります。鼻腔内のガーゼを取り除くのは約1週間後です。

 高血圧などの全身疾患を合併する場合には、患者さんに出血の状態などを詳しく説明し、精神的不安を取り除くことも重要です。また、本人が気づかずに高血圧などの全身疾患を合併している場合も多いので、再度の鼻出血を防止するために基礎疾患への対処も重要です。

春名 眞一

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼻出血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼻出血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation