@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鼻音【びおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鼻音
びおん
nasal
肺から呼気に対して口ろの調音器官が閉鎖を形成するとき,口蓋帆が下がって呼気がむろを通して流れ出ることよって生じる音。普通は鼻むろのから呼気が出る鼻子音のことをいい,口むろと鼻むろの両方から出る鼻母音は含ない。[m](両唇音),[ɱ](唇歯音),[n](歯音歯茎音),[ɳ](そり舌音),[ɲ](硬口蓋音),[ŋ](軟口蓋音),[N](口蓋垂音)で表示される。日本語はおおむma](間),[ne](根),[ɲiʃi](西),[kuŋi](),[paN](パン)と表すことができる。鼻音は一般に有声で,特に無声のときは[][ŋ゜]のように,[。][゜]をつける。なお鼻音化された母音(鼻母音)は[ã][ĩ]のように口母音を表す記号の上に[~]をつけて表記する。日本語の撥音は環境によって鼻音いし鼻母音で実現する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

び‐おん【鼻音】
鼻にかかった声。
音声学で、呼気が鼻腔を通り、鼻腔の共鳴を伴う有声子音。例えば英語では、口腔を両唇で閉鎖する[m]、舌先を歯茎につけて閉鎖する[n]、後舌を軟口蓋につけて閉鎖する[ŋ]の3種がある。→口音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びおん【鼻音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びおん【鼻音】
鼻にかかった声。
音声学で、呼気が鼻腔を通り、鼻腔の共鳴を伴う有声子音をいう。 m (口腔を両唇で閉鎖する音)・ n (舌端を上歯あるいは上の歯茎の裏側とで閉鎖する音)・ ŋ (後舌と軟口蓋とで閉鎖する音)など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鼻音
びおん
口蓋帆(こうがいはん)を下げて、肺臓からの呼気の一部を鼻腔(びくう)にも流出させる音を鼻音という。子音では[m,,n,,,,]などがあるが、日本語に用いられている典型的なものはマ行の[m]、ナ行の[n]、ニャ行の[]、ガ行鼻濁音の[]および語末のン[]である。一方、母音では、理論的にすべてのものが鼻母音化できる。フランス語は鼻母音(補助記号[~]で示す)を用いる言語として有名だが、[bvbl]un bon vin blanc(良質の白ワイン)などは、フランス語におけるすべての鼻母音を有する最小有意味文である。一方、日本語ではアンアン[aa]、音韻[o]などに鼻母音が現れる。
 一般に鼻音は、鼻腔にも呼気の一部を抜くことによって生ずるため、実用的見地からは、鼻をつまむと音価が変わる点に注目すると特徴をつかみやすい。たとえば、日本語で煙(ケムリ)を「ケブリ」という方言があるが、鼻をつまんで「ケムリ」といえば、「ケブリ」に限りなく近づく。このようにして、[m]と[b]、[n]と[d]、[]と[]などは主として鼻音性の有無によって対立するため、ドケ~ノケ(退け)、ビダンシ~ビナンシ(美男子)などのような交替形を生じやすい。[城生佰太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

び‐おん【鼻音】
〘名〙
① 鼻にかかった声。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「普魯西にては貴族めきたる鼻音にて物言ふ」
② 音声学で、呼気が鼻腔を通り、鼻腔の共鳴を伴う有声子音。口腔を両唇で閉鎖するm、舌端と硬口蓋の間で閉鎖するn、舌背と軟口蓋の間で閉鎖するŋなど。〔初学日本文典(1878)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼻音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼻音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation