@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

齧歯類【げっしるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

齧歯類
げっしるい
Rodentia; rodent
哺乳綱齧歯目に属する動物の総称。物をかじるのに適した歯と顎を特徴とし,多くは草食性であるが,雑食性のものもある。ビーバーリスハツカネズミレミングトビネズミヤマアラシチンチラなどが含まれる。南極大陸ニュージーランドを除く世界各地に分布し,オーストラリア以外では種類数,個体数も多く,外形,習性ともに変化に富み,約 2400種が知られている。一般に小型であるが,繁殖力が非常に強く,いわゆるねずみ算的にふえるため,農作物や貯蔵食糧,山林などに大損害を与えることが多い。また,ペストなどの病原菌の中間宿主となるものも知られている。 (→ネズミ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げっし‐るい【×齧歯類】
齧歯目の哺乳類の総称。(のみ)形をした一対の門歯は絶えず伸びつづけるので、常に物をかじってすり減らす。犬歯はない。哺乳類では最も種類が多く、リスネズミヤマアラシの3亜目に大別され、約1600種が知られる。ニュージーランド南極大陸を除く世界各地に分布。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げっしるい【齧歯類 rodent】
固い植物の実や草を食べるのに適したかぎづめをもった小型の哺乳類で齧歯目Rodentiaに属する。
[形態]
 体重は最小がカヤネズミの5~7g,最大がカピバラの約50kg。ウサギ目に似るが切歯(門歯)が上下とも1対しかない。切歯は長大で,終生根ができずを描いてのび続ける。大部分が歯質よりなり,固いエナメル質がその前面にしかないため,先端はのみ状を呈し,クルミマツの実のような固い殻をかじって穴を開けるのに適する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げっしるい【齧歯類】
齧歯目に属する哺乳類の総称。門歯は上下とも一対で、終生伸び続け、のみ状に鋭くとがり、物をかじるのに適する。森林・草原・砂漠・川・沼などにすみ、植物質を食べる。哺乳類中最も種類が多く、リス亜目・ヤマアラシ亜目・ネズミ亜目の三つに大別される。南極とニュージーランドを除く全世界に分布。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

齧歯類
げっしるい
rodents
哺乳(ほにゅう)綱齧歯目に属する動物の総称。この目Rodentiaの仲間は小形で、切歯(門歯)が上下とも1対あり長大で根がなく終生伸び続け、堅いエナメル質がその前面にしかないため、のみ状を呈し、クルミ、クリのような堅い殻の実や種子をかじるのに適する。犬歯と前位の前臼歯(ぜんきゅうし)がなく、切歯の後ろに歯のない部分(歯隙(しげき))があり、ここに口唇が入り込んでいて、かじりかすが奥に入るのを防ぐ。左右の下顎(かがく)骨は普通癒着せず可動性で、切歯の先端を自由に開閉できるため、切歯をそろえてどんぐりなどの殻の割れ目に差し込み、それを開いて巧みに殻を割る。あごの関節と、一部が吻(ふん)側に達する強大な咬筋(こうきん)は、下顎を前方に動かし、下の切歯をのみのように使うのに適する。臼歯は繊維の多い食物をすりつぶすのに適し、歯冠部が長くしばしば終生成長する。肘(ひじ)の関節は自由に動き、多くは蹠行(しょこう)性である。指は3~5本で鉤(かぎ)づめを備える。通常は鱗(うろこ)がある尾は、敵に押さえられると簡単に切れたり皮がむけることが多く、護身に役だつ。胃は単一、普通は盲腸がある。精巣は多くは鼠径(そけい)部に位置し、陰茎には陰茎骨がある。多くは植物食で、一般に繁殖力が強く、成長が早い。人間について分布を広げた住家性のネズミを除いても、南極大陸とニュージーランド以外の世界中に分布し、熱帯から寒帯までの砂漠、草原、森林、高山、ツンドラなどにすむ。穴にすみ地上で食物をとるものが多いが、もっぱら地下にすむメクラネズミ、樹上生のリス、水生のミズネズミ、ビーバー、跳躍するトビネズミ、滑空するウロコオリス、ムササビなど適応放散が著しい。農作物を食害し、伝染病、寄生虫を媒介するものもあるが、毛皮獣(チンチラ、ビーバー、リスなど)や実験動物(テンジクネズミ、マウス、ラットなど)として重要なものがある。祖先は暁新世に北アメリカにいたパラミス(パラミス科)である。現生哺乳類中もっとも種類が多くその約4割を占め、最低1600種あり、普通は次の3亜目28科に分類されるが、系統の不明なものが多く、分類は混乱している。
(1)リス亜目 ヤマビーバー科(パラミス科に近い)、リス科、ホリネズミ科、ポケットネズミ科、ビーバー科、ウロコオリス科、トビウサギ科の7科がある。
(2)ネズミ亜目 ネズミ科(キヌゲネズミ、メクラネズミ、タケネズミ、トゲヤマネなどを別の科とすることがある)、ヤマネ科、サバクヤマネ科、オナガネズミ科、トビネズミ科の5科がある。
(3)ヤマアラシ亜目 新世界にキノボリヤマアラシ科、テンジクネズミ科、カピバラ科、パカラナ科、パカ科、チンチラ科、カプロミス科、オクトドン科、クテノミス科、チンチラネズミ科、エキミス科の11科、旧世界にヤマアラシ科、アフリカアシネズミ科、イワネズミ科、デバネズミ科、グンディ科の5科がある。しかし新世界の11科をテンジクネズミ亜目とし、旧世界の5科中グンディ科をリス亜目に含め、他の4科を所属不明とみる人もある。[今泉吉典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げっし‐るい【齧歯類】
〘名〙 哺乳類齧歯目に属する動物の総称。ネズミ、リスなど。〔博物図教授法(1876‐77)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

齧歯類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

齧歯類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation