@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

龍野【たつの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

龍野
たつの
兵庫県南西部,たつの市中部の旧市域。揖保川中流域にある。 1951年龍野町と揖西村,揖保村,神岡村,誉田村の4村が合体して市制。 2005年新宮町,揖保川町,御津町の3町と合体して,たつの市となった。中心市街地の龍野は江戸時代,脇坂氏5万 3000石の城下町。明治中期,山陽本線通過に反対したため発展が遅れた。伝統工業に薄口醤油,「揖保の糸」で知られるそうめん皮革製品の製造がある。昭和初期,国鉄姫新線開通に伴う本竜野駅設置で近代工業が進出し,商業も活発化。龍野公園は聚遠亭,三木露風の詩碑,サクラで有名。 1979年龍野城が復元された。北西部の山岳地帯は西播丘陵県立自然公園に属し,觜崎の屏風岩,カタシボ竹林は国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たつの
兵庫県南西部の市。もと脇坂氏の城下町で、古い町並みが残る。薄口醤油・揖保(いぼ)そうめんの産地。平成17年(2005)10月に龍野市新宮町・揖保川町・御津(みつ)町が合併して成立。人口8.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たつの【龍野】
兵庫県南西部にあった市。平成17年(2005)10月、新宮町・揖保川(いぼがわ)町・御津(みつ)町と合併、たつの市となる。→たつの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

龍野
たつの
兵庫県南西部にあった旧市名(龍野市)。現在はたつの市の中南部を占める一地区。1951年(昭和26)龍野町と揖西(いっさい)、揖保(いぼ)、誉田(ほんだ)、神岡の4村が合併して市制施行。2005年(平成17)10月龍野市は新宮(しんぐう)、揖保川(いぼがわ)、御津(みつ)の3町と合併してたつの市となる。揖保川がほぼ中央部を南流し、北西部が低山性の西播(せいばん)丘陵であるほかは、大部分低地で姫路平野の西端にあたる。JR山陽本線、姫新線(きしんせん)が通じる。国道2号は旧市域南端を通り、179号が北上する。山陽自動車道の竜野・竜野西インターチェンジがあり、播磨(はりま)ジャンクションで播磨自動車道を分岐する。開発の歴史は古く、先土器時代の遺跡も知られ、ことに古墳には副葬品で注目される西宮山古墳(にしみややまこふん)などがある。古代には山陽道と美作(みまさか)道の分岐する要地となり、旧市域全体に条里制の遺構が分布する。城下町としての歴史は赤松氏が文明(ぶんめい)年間(1469~1487)に揖保川右岸の鶏籠(けいろう)山上に築城したことに始まる。その後、城は山麓(さんろく)に移され、龍野藩脇坂(わきざか)氏5万3000石の城下町として繁栄した。鉄道から外れて近代的都市化が遅れたため、播磨(はりま)の小京都とよばれた城下町時代の町並みが保存され、現在は兵庫県の「景観形成地区」に指定され、積極的にその歴史的景観の保全に努めている。
 産業は地場産業の比重が大きく、しょうゆ、そうめん、皮革の製造が中心である。消費都市的性格が強く、商業と住宅地は揖保川の川西から川東へ進出し、官庁街とともに新しい市街地を形成しつつある。三木露風(みきろふう)、三木清らの資料を展示する霞城(かじょう)館、しょうゆ醸造の過程を示す、うすくち龍野醤油(しょうゆ)資料館がある。文学の小径(こみち)を龍野公園に訪ねる人も多い。鶏籠山の山麓には龍野城が復元され、また歴史文化資料館も設置されている。[大槻 守]
『『龍野市史』全7巻(1978~1986・龍野市) ▽石原元吉編『ふるさとの想い出写真集 龍野』(1980・国書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たつの【龍野】
兵庫県南西部の地名。揖保(いぼ)川の中流域にある。江戸時代は脇坂氏五万三千石の城下町。薄口醤油、揖保そうめん、皮革など伝統的産業がさかん。三木清、三木露風の出身地。町割りなどに、今も城下町の面影を残している。昭和二六年(一九五一)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

龍野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation