@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

0系

朝日新聞掲載「キーワード」

0系
64年10月1日の東海道新幹線開業とともに登場し、丸みを帯びた先頭部分の形状から「団子っ夫の愛称で親しまれた。86年までに3216両が製作されたが、老朽化などで99年に東海道区間から引退。今は6両3編成が新大阪博多間で「こだま」として平日1日10本走っている。山陽新幹線では0系に加え、▽100系(85年登場)▽300系(92年)▽500系(97年)▽700系(99年)▽N700系(07年)の6車種が走っている。
(2008-09-11 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

0系
64年10月の東海道新幹線の開業にあわせて、当時世界最速の時速210キロでデビュー。86年までに3216両が製造され、87年の国鉄民営化後はJR東海が1346両、JR西が722両を所有。老朽化などで、まず99年に東海道区間(東京―新大阪)での運行休止。現在は、6両3編成が山陽区間(新大阪―博多)で「こだま」として平日1日10本走る。引退後はすべて廃車となる。
(2008-11-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

知恵蔵

0系
0系新幹線」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

0系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

0系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation